ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 舞台脚本 愛蔵版

  • 静山社
4.16
  • (24)
  • (20)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 239
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863893993

作品紹介・あらすじ

8番目の物語。19年後。
『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。
ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことだったのですが、その後のハリーも決して楽ではありません。今やハリーは、夫として、また3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々をすごしています。
ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方、次男のアルバスは、望んでもいない “ハリー 一家の伝説” という重圧と戦わなければなりません。 過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。
闇はときとして思いがけないところから現れるのです。

「特別リハーサル版」の増補改訂版。
☆2人の著者、ジョン・ティファニー(舞台監督)とジャック・ソーン(脚本家)の巻頭解説が追加!
☆わかりやすい「家系図」と「ハリー・ポッター年表」を新しく巻末に収録!
☆ハリー・ポッターシリーズのオリジナル単行本と同じ判型(A5判)の上製版になります。
☆特別リハーサル版とは少しだけ異なる劇本番の台詞
 ※シナリオ本になります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先が読みたくて、一気読み。
    スリザリンの2人の少年の成長譚であり、同時に親は子ども以上に成長することがわかる。というより、私は親世代に寄り添って読んでいたんだなぁ(笑)。大人のハリー以上に大人のドラコがよかった。
    呪いの子とはまさか…(笑)。

    是非、ステージも、映画も見たい。

  • 8番目の物語。
    あの世界にまた浸れるなんて感激。
    「ああぁ...」と感動する人たちの登場ばかりで、もうそれだけで脚本という形でもこの世界に触れられて幸せでした。

  • 脚本を読むのはあんまり好きじゃなかったけど、読んだら止まらなかった。
    ぜひ舞台も見たかったな。

    脚本は原作者とは別なので、私の中ではあくまでスピンオフと言った位置づけにした。
    息子世代の友情は心に来たし、アルバスがスリザリンになったことや父親との上手くいかない関係についての心情描写はとてもよかったのだけど
    ハリーが大人にしては幼稚な印象で、うーん…という気持ち
    舞台で大袈裟にする必要もあったのかもしれないけど

    もちろん
    スネイプとアルバス、ハリーロンハーマイオニーとドラコの関係性には感動した
    原作を全て読み返して、その直後にこれを読んだので、求めていたものが与えられてファンサービス最高かと
    やっぱ舞台みて、一緒に見た人とうわー!!と盛り上がるべきストーリーだと思う

  • 『ハリーポッター』シリーズ8番目の物語は
    〈ホグワーツの戦い〉から19年後の世界

    ハリーとジニーには、ジェームズ、アルバス•
    セブルス、そしてリリーの三人の子どもがいて、
    皆ホグワーツに通う
    二番目の子アルバスはスリザリンに選別され、
    父との仲がうまくいかないことに苛立ち、父の
    影につきまとわれる日常に嫌気がさしている

    ある日、三校対抗試合で不慮の死を遂げたセド
    リックを蘇らすことを思いつき、唯一の友だち
    ドラコの息子スコーピウスと魔法大臣ハーマイオ
    ニーが隠し持つ逆転時計を使って過去を変えよう
    とする

    過去に戻り三校対抗試合でセドリックの邪魔をするが、
    未来が思うように変わらず、ヴォルデモートが支配する
    暗黒世界まで実現させてしまう…

    という舞台の脚本…
    脚本ゆえにセリフ主体で場面のイメージが薄っすら、
    登場人物も登場シーンも映画や書籍でほぼ出てきてた
    からわかりやすい

    相変わらずハリーは過去に縛られていて暗い

    今回のメインアイテム逆転時計のアイデアは面白い
    けど、世界が気に入らない度にリセットできるのは
    マユツバ
    舞台という縛りがあるから同じシーンの繰り返しは
    やりやすいだろうけど、そこからもっと広げてほし
    かった

    デルフィーも想定内
    もっと暴れてもよかったかなー、映画じゃないから
    厳しかったんだろうけど

    主人公はアルバスとハリーだけど、ロン、ハーマイオニーは当然、マクゴナガル校長から肖像画のダンブルドア、スネイプ、ヴォルデモートとオールスター総出演だから映画化は難しいかも…いまさら新キャストはビミョー

  • ハリーポッターの続編、8番目の物語やっと読めた。
    舞台脚本なので色々と趣は違う。
    物語のメインはアルバス(ハリーの次男)とスコーピウス(マルフォイの息子)が繰り広げる冒険。主人公が少年二人になったとは言え、物語のトーンはハリポタ最終巻に充満する闇の匂いが濃い。ハリポタのメインテーマは「死」だけど、この続編もそこかしこに死がつきまとう感じ。
    展開としては、恐らく2〜3時間の舞台の脚本だと思うけど、ちょっとトントン拍子感があるなーという印象。まあ時間内に収めないとあかんからしょうがないけど。
    まさかこの人が!ていうのはハリポタ本家らしいところはあるが、本家には展開に次ぐ展開でどうなるの!?ってハラハラさせられただけに、ちょっと物足らんかなーて感じ。
    あと、アルバスとスコーピウス以外のジュニア達の出番がほとんどない(笑)そこも尺の関係なんやろな。しょうがないけど。他のジュニアの生活とかも読みたかった。

    ハリポタ絡みの書籍はまだあるのでこれからも読んでいこ。

  • こちらは愛蔵版。ちょっと違うところがあるかな?それとも私の気のせい?くらいの差だと思う。
    もちろんおもしろい。
    買うなら愛蔵版かな?

    図書室

  • 今は親となったハリー・ポッターたちとその子供たちの話。
    シリーズ最終話の『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年の年月が経っています。

    翻訳はおなじみの松岡佑子氏。舞台用に書き下ろされた脚本ということで、これまでの小説スタイルではない構成にとまどいましたが、読んでいくうちに慣れました。

    『死の秘宝』のエピローグからのスタートなので、すんなり世界に入り込めます。3人の子の父親となったハリーは、魔法省で忙しく働いており、次男のアルバスはホグワーツ魔法学校の生徒になっています。

    このアルバスがハリーと後退した、悩める主人公。ハリーも周りからの期待にいつもつぶされそうになっていましたが、アルバスもまた、魔法会を救ったヒーローの息子というプレッシャーに苦しみます。そして彼はスリザリン入寮決定。まさかの事態にますますアイデンティティをこじらせてしまいます。

    時間軸の考査により、過去と現在が交差する世界へ。きちんと読んでいかないと混乱しますが、すでに去ってしまった懐かしい面々が再登場するのは、ファンには嬉しい限りです。

    ハリ―とマルフォイのライバル関係は、息子の代には別の形になります。アルバスと、マルフォイの息子ながらヴォルデモートの子供かもしれないと噂されるスコーピウスとの交流。この二人が大活躍していきます。

    タイトルの『呪われた子』は、最後まで読まないと誰を指すのかわかりません。

    過去のシリーズ同様、怒涛の勢いで一気に読みました。この盛りだくさんのファンタジックな内容が実際に舞台で演じられたというのが、なんだか信じられません。観劇の機会があったら、自分もぜひステージに足を運びたいと思います。

  • 最初はこの本の書き方に慣れなかったけれど、数ページ読めば慣れました笑

    時が来るまでは自分がただのハリーだと思っていた生き残った子のハリーポッター。
    生まれた時から英雄ハリーポッターの息子として育ったアルバス。
    そして2人の間の微妙な空気。どちらも言葉足りず、勘違いしているよう。ハリーは「父親」というものを知らないからどう接したらいいかわからないみたいだったけど、アルバスが自分に似ていたけど、育った環境が違うからどう接したらいいかわからなかったのかな。
    同じ人間などいないし、似ていても環境が違うからその人にはなれない。
    英雄ハリーポッターでも、やっぱり人間。悩むし、間違えるし、それでも彼が英雄と呼ばれるようになったのはそこから学び、成長してきたからだと思う。

    私が好きなスネイプ先生も出てきたのも嬉しかった。また違う彼を見ることが出来て幸せです。アルバスに、彼の名前になれたこと嬉しく思うと、生きて、本当の世界で言って欲しかったな。

    でもやっぱり舞台脚本版ではなく、きちんとした小説として読みたかった。

    2019/01/09

  • リハーサル版は図書館で借りて読了済。
    愛蔵版が出たら買おうと思っていて、ハリー・ポッターシリーズを読み返し終わった日に今作が届いた✨

    ハリーの息子・アルバス・セブルス・ポッターと、ドラコの息子・スコーピウス・マルフォイが友達って時点で胸熱。
    その二人がタイムターナーを使い、セドリック・ディゴリーを死なせないようにするため、過去に行く。
    過去を少し変えると未来が大きく変わってしまう。

    ドラコに愛する妻と息子が出来たことに感動。
    「我々の子ども、スコーピウスが生まれた……我々夫婦にとって、人生最良の日だった」
    こんな台詞がドラコから聞けるなんて…。
    ドラコが微笑むシーンが結構あって(ほくそ笑むではなく!)、ドラコ変わったなぁと、しみじみ。

    ハリーとダドリーに交流があることが分かって嬉しかった。
    車内販売魔女の設定よ。
    毛布を使った、過去から未来への伝言が鳥肌もの。

    2020.6.30再読
    「ハリー・ポッターと死の秘宝」での戦いから19年。ハリーとその次男アルバスは、ある不快な真実を知ることに…。

    ハリーとドラコの仲は最悪だったのに、その息子たちは親友だなんて面白いよね。
    そのハリーとドラコも昔よりは全然マシだけど!
    同じ父親として語り合ったり。
    『ドラコは感謝をこめてハリーに向かって微笑む。』って、昔じゃ考えられないシーン!

    この本で感慨深いのはやっぱりスネイプのセリフ。
    『アルバスに伝えてくれ――アルバス・セブルスに――私の名前が付いていることを、私が誇らしく思うと。』

    ほんの少し歴史を変えると全然違う未来になる。面白いけど恐い。
    (自分だったら1ミリ過去を変えたくない!今を変えたくない!!)

    ロンとハーマイオニーは結婚していない世界でも少なからず想いあってるのがいい。

    日本でも2022年に舞台化するそう。
    日本人キャストのハリーポッターはどんな感じになるのかな。

  • 感想
    面白かったです!
    今までのシリーズに比べても異質か感じでした。
    実写化して欲しいけど、実写化は結構きつそうかな
    結構展開が早くて、思ってるよりサクッと読めました。
    逆転時計結構最強グッズだと思いました笑
    ハグリッドとかもっとでて欲しかったなぁ〜

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「ハリー・ポッター」シリーズで数々の文学賞を受賞し、多くの記録を打ち立てた作家。世界中の読者を夢中にさせ、80以上の原稿に翻訳されて5億部を売り上げるベストセラーとなったこの物語は、8 本の映画も大ヒット作となった。また、副読本として『クィディッチ今昔』『幻の動物とその生息地』(ともにコミックリリーフに寄付)、『吟遊詩人ビードルの物語』(ルーモスに寄付)の3作品をチャリティのための本として執筆しており、『幻の動物とその生息地』から派生した映画の脚本も手掛けている。この映画はその後5部作シリーズとなる。さらに、舞台『ハリー・ポッターと呪の子第一部・第二部』の共同制作に携わり、2016 年の夏にロンドンのウエストエンドを皮切りに公演がスタート。児童文学への貢献によりOBE( 大英帝国勲章)を受けたほか、コンパニオン・オブ・オーダーズ勲章、フランスのレジオンドヌール勲章など、多くの名誉章を授与され、国際アンデルセン賞をはじめ数多くの賞を受賞している。

「2019年 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット<イラスト版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村田 沙耶香
辻村 深月
湊 かなえ
宮下奈都
恩田 陸
ヨシタケシンス...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 舞台脚本 愛蔵版を本棚に登録しているひと

ツイートする
×