南河国物語 暴走少女、国をすくう?の巻

著者 :
制作 : Minoru 
  • 静山社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863895409

作品紹介・あらすじ

千載におよぶはるか昔のこと、黄砂舞う大陸のとある国に、天下に名を轟かせる名称軍に父親が似ていたばっかりに、あらぬ疑いで囚われの身となった、不運な父娘がおりました。ところがこの娘、たいした度胸の持ち主で――。『ことづて屋』『碧空の果てに』の作者による、意外!痛快!中華ファンタジー!

著者プロフィール

作家。日本児童文学家協会会員、日本ペンクラブ子どもの本委員。『フュージョン』(講談社)で第2回JBBY賞、『トーキョー・クロスロード』(ポプラ社)で第25回坪田譲治文学賞受賞。他に『碧空の果てに』(角川書店)、『アカシア書店営業中!』(あかね書房)、『バンドガール!』(偕成社)、「ことづて屋」シリーズ(ポプラ社)、「レガッタ」シリーズ(講談社)など多数。

「2019年 『非暴力の人物伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

濱野京子の作品

南河国物語 暴走少女、国をすくう?の巻を本棚に登録しているひと

ツイートする