ラスト・フレンズ わたしたちの最後の13日間

  • 静山社
3.83
  • (6)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863896178

作品紹介・あらすじ

精神的な不安をかかえ、常に自分をさげすむ頭の中の声“カオス”につぶされそうになっているミーリーン、なんでも笑いとはずふりをしながら、1年前の交通事故で父を失い自身も大けがを負った絶望から立ち直れずにいるカーラ、家族との関係に問題を抱えているオリヴィア。誰にも言えない思いを抱えた16歳の少女たちが出会ったのは、あるマッチングサイトだった――。「絶対に読むべき小説!」(BBCラジオ)、「手に汗握る衝撃的なスリラーだ」(イギリス大手新聞「ガーディアン」)、「エンターテインメントとしてもおもしろい!」「どうしようもない閉塞感を抱えている人にはもちろん、そうでない人にも届いてほしい」(NetGallyレビュー)、「死へと急ぐ少女たちは、私たちの隣にいる『誰か』なのかもしれない」(野間児童文芸賞受賞作家・いとうみく)など、絶賛コメント続々! 衝撃の展開に目が離せない一気読み必至の感動作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3人の主人公となるティーンエイジャーの少女たちの鬱や希死念慮を描いた作品。作者はブリティッシュ・ムスリムで、自身の体験も踏まえ精神疾患に対する文化・宗教的な葛藤も提示している。消えたい気持ちが代弁されていて辛いけどどこかほっとする。
    わたしはミーリーンに近いと思うけど、事故で父を亡くし自身も障害を負ったカーラ、離婚した母親の彼氏から性的虐待を受けるオリヴィアなどから、いろいろな形の辛さを知ることができた。

    最後まで読み終わると、ほんとに傑作だった。メンタルヘルスのテーマだけでなく、爽やかで心温まる青春小説でもありサスペンスやミステリー要素もあり、絶妙なバランス。ママたちと娘たちの関係性が丁寧に描かれているのもよい。人によるかもしれないけど、わたしは読んですっきりできたな。結局「死ななくてよかった」になるのなら、もやもやするかもと思っていたけど、意外と大丈夫だった。でも、こんな風に上手くいかない子たちもいるんだろうなとも考えてしまう。

    こういう作品を広められる人になりたいって思ったし、そのおかげで一時的かもしれないけど生きて絶対頑張ろうって思えるようになった。

  • 自分の人生を終わらせようと決意した三人の少女たち。
    とりまく環境も死にたい理由も全く違うけれど、集団自殺をコーディネイトするアプリで出会い、自殺決行のために話しあううち、お互いがお互いを支えあうようになる。
    彼女たちが抱えているそれぞれの悩みがとても重くリアル。性格や感受性の違いをのりこえて結びついていく様子も説得力がある。ネットの危険性に警鐘を鳴らしているという意味では現代的だが、少女たちが飲み込まれようとしている心の闇は普遍的。YA向きの枠を超えてすべての世代の読書に耐えうる作品だし、すべての世代に読んでほしい物語。

  • 父親が自分の行動のせいで交通事故で亡くなり、自身も車椅子生活になったカーラ。母親のパートナーから性的暴行を受けていることを打ち明けられないオリヴィア。イスラムの社会の中で自分を見失っているミーリーン。それぞれが自殺マッチングアプリに登録し出会う。それぞれの心の傷をいだきながら出会った3人は、本当に自殺してしまうのか?

    性格も自殺願望の原因も違う3人が、どう変わっていくのか。気になって、気になって、本を閉じられなかった。それぞれのこれからは、まだまだ大変だと思うが、希望の持てるラストに少しホッとした。

  • はじめの警告で、若者の自死をテーマにした内容であることはすぐにわかるし、三人の死にたい女の子が知り合って、結局友情が芽生え、死なない話だろうと思って読んだらその通りだった。
    最近のYAは深刻な内容(ジェンダー、虐待、家族の問題など)を扱ったものも多く、経験のない者でも読んで当事者のような気持ちになるものもあるので、警告ももっともだと思う。
    が、これは、そこまで身につまされる本ではなかった。
    三人の悩みが、いかにも物語のために作られた感じで胸に迫ってこない。才能のある作家なら、経験はなくても経験者のように書けるものだけど、この作者はそこまでの才能はないのだと思う。
    三人の中にアジア系イスラム教徒をいれたのは良かったと思うが、その設定がそれほど生かされているわけでもない。
    表記に工夫がしてあって、若い人にはそれが新しい感じなのかもしれないが、こうしたやり方はずーっと昔に流行ったのじゃよ。筒井康隆の七瀬シリーズで初めて読んだときは驚いたものじゃ。しかし、それも筒井康隆が発明したものではなかったということを後で知ったがのう。と、思わず口調が変わるのは仕方ない。
    つまんない物語でも心に刺さってしまう人はいるから、警告はあって良いが、それほどリアルに刺激するほどの小説でもない。

  • わたしは、「失敗」した時のことを思い出して、人生で何度も後悔しました。あの時しんでいたら、いま、こんなに苦しまなかったのに……。人さまのご迷惑にならずに済んだのに……。
    そんな人間なので、最後らへんのことばは、苦しかったです。本当にほんとうに、申し訳ないけれど……チャンスがあるならば……わたしは…………。

    けれど、キラキラ爽やかな説教くさい作品ではなくて、ホッとしました。ラストに幻滅する作品はいままで多くありました。これはまだまし。
    心が軽くなった時の自分の思考と似ている、と感じました。

    p.441
    “これからもつらいことがあるのはわかっています。人生には多くの試練と苦難があるでしょう。”
    生きていたら、苦しむものですから。悲しいことがあって、当たり前なのです。そのこと自体が悲しいですけれど……。


    (以下、読みながら綴った感想)


    2023/05/19 p.1-2

    p.2
    “ティーンエイジャーのころを思い出すと、いちばん鮮(あざ)やかに蘇(よみがえ)ってくるのは、落ちこんでいる記憶(きおく)です。”
    確かに、そうかもしれません……。わたしもよく落ち込んでいました。


    2023/05/20 p.2-34

    p.2
    “自分の文化や宗教が精神疾患(しっかん)からくる考え方と矛盾(むじゅん)するという悩(なや)みまで追加されている人物は、出てこなかったのです。”
    文化や宗教は、自分の人生を大きく左右するものなのに、それがメジャーな環境ではないとなかなか理解してもらえないのかもしれませんね……。彼らには彼らの悩みがあって当たり前なのに。

    p.3
    “心のなかを打ち明けることで、わたしは救われました。”
    わたしも、救われました。聞いてくださった方々には心から感謝しています。

    p.5
    “相談してみませんか”と、お話を聞きますよ系の電話番号がたくさん載っていますけれど……それで救えると思っているのですか?
    まともに聞いてもらえないと嘆いている人、そもそもつながらないと言っている人を見かけたことがあります。この、いかにも、「救ってあげますよ」と上から目線の大人たちを、信じることはできますか? 幼いわたしにはむつかしいです。

    p.6
    “ホームスクーリングのネットフォーラムで、”
    ご家庭で勉強を教えるって凄いですね。わたしだったら、そんな自信はないです。我が子に間違ったことを教えてしまいそうで、こわいです。プロに任せたいです。
    けれどもしかしたら、彼女は、学校に通うことができないのかもしれません。

    p.10
    “あたしは、もっとうまく対処する方法があるよ、っていいそうになった。死ねばいいんだよ、って。”
    そう、それが最善だと思ってしまいます。
    生きていることがマイナスだと、死によってゼロに、いまよりはマシになるんじゃないかと思ってしまいます。もしマシにならなかったとしても、酷い状況には慣れています。だから、死は、悪いことではないのです。

    p.12
    “トップには、チャリティ団体の電話番号。サマリア人協会に、あたしの何がわかるっていうの?”
    この内容なのに、どうして冒頭に電話番号を載せたのですか? この気持ちになるのですよ、しにたがり、しにぞこないは。虚しくなります。やめてほしいです。
    一切、理解してくれていない……と絶望してしまいます。

    p.14
    “信仰(しんこう)があったからやってこられた。”
    心の支えになるものは何であってもいいと思います。それが宗教でも、友人でも、好きな作品であっても。

    p.17
    “「その手首の跡(あと)、どうしたの?」”
    リストカット……?

    p.18
    “お母さんには理解できない。”
    (中略)
    “誰(だれ)も傷つかない世界。”
    そんなこと、あります……? どうして気づかないのですか? どうして知らないのですか?
    お母さまのせかいは狭過ぎます……。

    p.22
    “生きている痛みにもう耐(た)えられない。”
    わかる、と、すぐ思ってしまいました。彼女の痛みとわたしの痛みは違うのに。

    p.27
    “「そのグラス、クリスタルなのよ!」”
    娘より、グラスの心配ですか……? 絶望的な環境ですね……。

    p.33
    “きっと、オマエなんかの隣(となり)にすわるんじゃなかったと後悔(こうかい)してるはず。”
    そんな人だったら自分から近づいて来ないでしょうし、何度も話しかけることもしないでしょう。向こうは普通に友人だと思っている気がします。
    彼女の思考は良くない、とわかるのに、そう考えてしまう気持ちもわかる気がします……。自分には価値がない、自分はロクでもない、ダメ人間……。そう考えているほうが、楽なのです。


    2023/05/21 p.35-189

    p.37
    “自殺サイトってカスタマーサービスとかないの?”
    自殺サイトのカスタマーサービスに就職したら、大変そうです。問い合わせてくる皆さん、ピリピリして、余裕がなさそうなイメージがあります。しにたいほど追い詰められている方々ですから。

    p.40
    “あたしと同じような経験をして、同じように感じて、同じことを望んでる人”
    同じように、しにたがっている人。そんな人がそばにいたらいいのにって思ってしまいますよね。ひとりだとうまくいかないことばかりですから。

    p.44

     死体なんて、ただの物体。
     皮膚(ひふ)が三層。
     骨が二〇六本。

    よくご存知ですね。自分の身体の仕組みについて、学んだのですね。えらいです。

    p.48
    “本の形の墓石まである。”
    いいですね。わたしもそういう墓石の下に埋めてほしいです。
    もしもお墓を作るとしたら、の話ですけれど。実際は何もいりません。

    p.52
    “方法:入水(じゅすい)後、大量の水をのむことによる呼吸困難”
    もうしぬことの話? と思ったら、最期の日の話なのですね。その前に何度か会う、ということですか。なるほど。
    いきなり「次はしにます」って話かと思ってびっくりしちゃいました。

    p.70
    “お母さんはわたしを責めるような目で見てから、”
    どうして娘のほうを責めるのですか? 悪いのはおばさんなのに。

    p.75
    “痛みって見えないからってつらくないってことにはならないでしょ”
    痛みを理解してくれない多くの人に伝えたいことばです。わかりやすい御涙頂戴な状態ばかりではないのですよ。

    p.84
    “注意事項(じこう)”
    ここまでしつこく書くということは、どこかで規則のこと、勧告のことを説明するのでしょうね。彼女たちには申し訳ないですけれど、とんとん拍子で進んではつまらないです。

    p.91

     気づいていないみたいに。
     自分がこんなに並はずれて
     うつくしいことに。
              内側も
              外側も。

    ミーリーンは美しい方なのですね。内側は少しだけ見えますけれど、外側は文字だけではよくわからないので。

    p.95
    “頭のなかのカオスが、みんながサイアクのことを考えてるんだっていってくる。わたしなんかジャマだって。いないほうがいいって。”
    わぁ……それ、話せるのですか。大丈夫? しんどい気持ちになってしまうのでは、と心配です。
    けれど、ことばにできるのなら……良いですね。聴いてもらえるのは、心が軽くなります。

    p.96
    “(えーっと、ブリトーをナイフとフォークで食べる人っているんだ……)”
    ブリトーってなんだっけ? と、ド忘れしてしまいました。調べて、画像を見たらわかりました。小麦粉の生地で野菜とかお肉を包んだものですね。チーズ入りとか、美味しいですよね。
    確かにあれは、ナイフとフォークのイメージはありません。手で持ってかぶりつくイメージです。
    ナイフとフォークが良いなら、別のメニューにすればよかったのに。ふしぎな人。

    p.98
    “はずみで急ハンドルを切って、”
    それを、「自殺」とは言いませんよ。

    p.99
    “まあ、無宗教の人たちよりも弁解しなきゃいけないことがはるかにたくさんあるみたいな感じだ。”
    見えているせかいがきっと違うのだろうと思います。だから、その分、説明してもらわないと理解できなくて……むしろ申し訳ないです。

    p.101
    “その人が、カーラの肩(かた)に手をおいた。”
    ……嘘。嘘だって言ってほしいです、こんなの、現実ではない、と。
    毒親。有害。どうして……。なんで放っておいてくれないのですか!

    p.111

    だけどいまは
    関係ない。かまわない。
    笑えれば、それでいい。

    この瞬間がずっと続けばいいのに、と心が穏やかになる瞬間があります。その素晴らしい瞬間でさえも、永遠になったら苦痛となってしまうのでしょうか。
    友人が笑っていて、自分も笑っていて、これ以上何もいらないって感じる瞬間でさえも。

    p.117

     助けを求める
     叫(さけ)びが。

    「助けて」と、言ったほうがいいです。言いづらくても。
    助けることができる人たちは、その一言によって動きやすくなるのですから。大丈夫。ことばにして、大丈夫。

    p.137
    “あーあ、わたしが何か月もどれだけの時間をあのゲームに費(つい)やしてきたことか。”
    亡くなったら何もかも無くなるのだから大丈夫、と咄嗟に思ってしまったのですけれど、最悪な返しですね。ごめんなさい。

    p.142
    “わたしだったら両親のどちらでも、あんなに気にかけてもらえるならなんでもする。”
    人によって、見える景色が違いますね。隣の芝生は青い……。

    p.157
    “八日以内でありませんように。”
    こちらも、ヒリヒリした気持ちになります。
    彼女が、彼女たちが、少しでもしあわせに暮らしてほしいです。しぬとしてもしなないとしても。

    p.163
    “イムランが”
    (中略)
    “イムランが”
    (中略)
    “イムランが”
    そんなにイムランが良いなら、彼と話せばいいじゃないですか。ミーリーンがかわいそうです。

    p.166
    “あなたには才能があるわ。”
    そう言ってくれる人が、そばにいるなんて……。言われた本人でもないのに、泣きそうです。

    p.168
    “そして、笑みがこぼれてきた。”
    ……こんな言い方は悪いってわかっていますけれど、最初の脱落者は彼女ですね。

    p.188
    “ただ、すごく支えになる。同じ気持ちの人が、わかってくれる人が、いるってだけで。”
    まったく同じ経験、同じ感情である必要はないですけれど、「向き合ってくれる人」という存在は大きいです。


    2023/05/24 p.190-194

    p.191

     男なんて、って。
     ひとりでいるほうがずっと幸せよ、って。

    そのくせ、ろくでもない男の人に引っ掛かっているのですから……人間は弱い生き物ですね。

    p.194
    “海で見る日の出って、みんな好きでしょ?”
    「みんな」が好きになるのは、お正月の朝だけでは?
    実際に見たらきれいなのでしょうけれど、普段はそこまで早起きしたくない人がほとんどなのではないでしょうか?


    2023/05/25 p.194-249

    p.207

     本当のことをいったら、
     めちゃくちゃになってしまう。

    我慢しすぎると、苦しくなってしまいますよ……。良くないです。

    p.210
    “事務局の条件と規則に反すると見なします。”
    本名と住所を伝えてしまっているので、危険なのでは……?

    p.216
    “どこのどいつか、ぜったいにつきとめてやる。”
    余計なことをしないほうがいいですよ……。

    p.220
    “誰(だれ)かに話したら……すべてを変えてしまう。何もかも、ダメにしてしまう”
    変わるでしょう。知ったことを、なかったことにはできません。
    けれど、それでも、話したほうがいいです。少なくともご自分のためには、話したほうが、良いです。

    p.220
    “あの男と付き合いはじめてから、ママはすっかり変わってしまったの。”
    嗚呼……友人がまさしくそれで、苦しいです。あの男さえいなければ、と苦々しく思ってしまいます。自分は無関係なのに。

    p.226
    “キレてわめきだす自信があるから。”
    どうしてそこまで短気なのですか……。もっと穏やかに過ごしたらほうが楽なのに。

    p.230
    “ぜんぶ知ってるんだから。”
    一部しか知らないくせに、“ぜんぶ”なんて言わないほうがいいです。思い込みが激しい人ですね……。


    2023/05/28 p.250-252

    p.251
    “泣きたくなんかないのに。サイアク。”
    ありますね、そういうこと。悔しいですけれど。


    2023/05/29 p.252-447

    p.400
    “親友”……。
    いいですね、親友。そう言ってくれる存在がいるなんて、羨ましいです。

    p.402
    “プリヨ”
    (中略)
    “ベンガル語で「愛(いと)しい人」を意味する言葉”
    プリヨ……。そんな意味のことば、言われたことがないです。親に。

    p.414
    “一時的な好転って、よくあることなんだって。だけど、適切な助けが得られないと、長続きしない。”
    心がとても軽くなった気がしたのですけれど……一時的なものだったのでしょうか。
    きちんと、病院に行くべきなのでしょうか。

    p.441
    “これからもつらいことがあるのはわかっています。人生には多くの試練と苦難があるでしょう。”
    どんなに、気持ちが軽くなる瞬間があっても、また戻ってしまう可能性があることを理解しています。落ち込んでも、必要以上に自分を責めないようにしなければなりません。
    それはわかっています。けれど……ずっと、責めることばが頭の中にあったのです。その状態のほうが自然だと感じてしまいます。
    まだ、むつかしいです。いろいろ。

    p.443
    “最高の師であり、暗いテーマを扱(あつか)うYA文学があってもいいと教えてくれました。”
    この方の考えが好きです。大人は子どもから隠そうとしますけれど……そのせいで、子どもはより、苦しくなってしまいます。

  • アブリの運営は、一人で悩んでいる人たちを繋いで、自殺を思いとどまらせるのが目的かも
    こんなアプリが現実にあればいいのに
    と途中までは本気で思いながら読み進めましたが、裏切られました。

    三人の心の声が丁寧に表現されていて、それぞれの気持ちが変わっていく様子がよくわかりました。

  • 主人公は、3人の16歳女子。それぞれに人に言えない
    悩みを抱え(ちなみに原タイトルは"All the Things
    We Never Said")、自殺を考えていました。3人は
    自殺のマッチングアプリで知り合います。
    この本がおもしろいのは、①3人が何に悩んでいるのか、読んでいるうちにだんだんわかってくるところ、②3人は本当に自殺を決行してしまうのか、最後までドキドキするところ、③自殺サイトの目的は、途中からミステリじみてくるところ――なのですが、一番の読みどころは、3人に救いがあるのかハラハラするところだと思います。3人の共感はやがて友情となり、強い結びつきを得ていきます。テーマが重いのですが、読んでよかったと思わせる1冊です。

    山内図書館Teens おすすめ本紹介 より

  • かなり重いテーマ。死にたい3人のティーンエイジャーの少女たち。彼女たちが死にたいと思う理由はそれぞれ。かなり重い過去を背負っている子もいる。作者にとってこの本を上梓したことが、過去の自分への餞にもなったのだろうか。

  • サイトに応募した死にたい3人の少女が集まった。
    3人は死ぬために、与えられたミッションに取り組んでいく。

    ドキドキしながら読みました。
    それぞれの少女が感じる苦痛は、自分とは関係ないけれども、読んでいて共感できました。

  • ”翻訳された“と全く思わない自然な文章でとても読みやすかったです。時代は丁度 今 令和で、想像しやすく身近に感じました。読後は、著者と訳者と本に自分が抱きしめてもらえているような温かな気持ちになりました。生きる希望をもらえます。

    中学 高校 大学生くらいで生きづらさを感じている方(感じていた方)、少しでも生きていくことしんどいなと感じられている方におすすめです。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ヤスミン・ラーマン/作家。ブリティッシュ・ムスリムで、ハートフォードシャーに生まれ育つ。ハートフォードシャー大学でクリエイティブ・ライティングの修士号を、バース・スパ大学でYA(青少年)向けライティングの修士号を取得。自殺願望にとらわれる少女たちを描いたデビュー作『ラスト・フレンズ わたしたちの最後の13日間』(原題:All the Things We Never Said)が話題となり、カーネギー賞にノミネートされたほか、第1回ダイバース・ブック・アワードで次点となった。本書が2作目となる。

「2023年 『ディス・イズ・マイ・トゥルース わたしの真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤスミン・ラーマンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×