第3の案 成功者の選択

制作 : フランクリン・コヴィー・ジャパン 
  • キングベアー出版
4.01
  • (34)
  • (37)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 567
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863940185

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、商談などで実践しています。
    7つの習慣は内的実践ですが、これは外的実践法ですね。

    しかし、3冊含めてこのシリーズは常に読み続けないといけない

  • 第3の案とは、要は止揚(アウフヘーベン)のこと。つまり、合い対峙する2つの事象をより高次の1事象に統べることにより、不要な対立を避け、重要な結果を導き出すことである。これの実践方法をこと細かく、また事例付き解説でするのが本書である。 Win-Loseにも、Lose-Winにも、Lose-Loseにもならずに、Win-Winとなる第3の案を探すことができれば素敵だと思わないだろうか? もし、そうしたいのなら本書を読むべきだろう。役に立たない理想論とは一線を画し、本書は本物である。というもの、どうしても第3の案が見つからない相手がいることを認め、その場合はノーディールを選択肢としているから。また、当然ながら、この作者が7つの習慣のコヴィーであることも見逃せない。ビジネス・パーソンならずとも、必読の書といえる。

  • Win Winの関係をもっと信じられるようになったし、そのような関係を築きたいとより思うようになった。

  • ・目的を定義すること
    「対立を問題ではなく、機会としてとらえること」
    ・シナジーに到達する4つのステップ
    ①あなたも私も考えたことのない効果的な解決策を探してみないかと問いかける。
    ②よりよいアイデアはどのようなものだと思う?と質問する。それによりすべきことの明確なビジョンができ、全員が満足できる結果であるかどうかを評価する基準-両社の要求を上回る基準-が定まる
    ③基準を満たす解決策を件とし始める。自分たちのアイデアを正反対にしてみたりする。極端な可能性を検討できるかどうかがシナジーの成功の鍵を握っている。
    ④興奮状態になれば、シナジーに到達している。

  • 「7つの習慣」の著者の最新刊。根底にある基本的な考え方は「7つの…」と同じであるが、本書は特に「第4」から「第6」までの3つ習慣をより深め、対立する相手とともに「Win-Win」や「相乗効果(シナジー)」を追求することが、最終的には「二者択一」のジレンマを超えた「第3の案」を生み出すとして、そのためのパラダイムと手法を提示する。

    著者は、何らかの対立が起こっている場合、それが家庭であれ、職場であれ、或いは国際紛争であっても、対立する双方の陣営が、お互いにしっかりと自省するとともに、他方に対して心を開いて傾聴し、真に理解し合えば、勝ち負け(Win-Lose)でも妥協(Lose-Lose)でもなく、より良い結論に至る道が開けると説く。

    著者の主張を理想論として片付けるのは簡単だが、本書には、著者自身を含め、世界の様々なレベルにおいて「第3の案」を実践している有名無名な人々の物語が数多く収録されており、安易な妥協や近視眼的な勝ち負けの議論が蔓延する今日の社会でも、自分のマインド次第で「第3の案」を生み出すことは可能であると気づかせてくれる。

  • パラダイスを起こす条件としてまず自分を見る
    次に相手を見る

  • ベストセラー「7つの習慣」の著者の本。
    人や組織の対立を解決するために、「二者択一」のマインドセットから脱却し、どちらの案をも上回る「第3の案」に到達することが必要であり、その考え方・方法・ヒントが書かれている。

  • 前半部分は色々と参考になる部分もあったが、
    後半はあまり。。。私がいまこの本を読む時期ではないのかも
    しれない。

    もう一度読み返したい。

  • やるかやらないか、AかBかという二項対立の問題から第3の案へ至るための方法・考え方について、本当に数多くの事例を交えて紹介した本。
    なかなか本質的で素晴らしかった。ただ、時間の関係もあり、飛ばし読みとなってしまっているので、また時間があるときに熟読したい一冊。

    <メモ>
    ・第3の案を探すパラダイム 自分自身を見る→相手を見る→相手の考えを求める→相手とシナジーを起こす。
    ①自己認識 自分の思いこみを明らかにする。他者に対して誠実になる準備ができる
    ②無条件の肯定的関心 相手を一人の人間として尊重する。
    ③共感的理解 相手の考え方の根本までいき、真に理解すること。
    ・SeeDoGet 物事をどう見るかが、行動をきめ、結果が決まる
    ・自分自身を見つめると自分の文化的傾向がわかる。自分は限界があるが同時に無限界であるという創造的なパラドックスに気付く。
    ・視点 自分の文化的なプログラミングは考え方にどう影響を与えているか 本当の動機は何か 前提は正しいか 前提のどこがどう不完全なのか 本当に臨む結果に貢献しているか
    ・真実の断片を多く持っているほど、多くの物事をありのままに見られることを知っている。「対立を問題ではなく、機会としてとらえること」
    ・シナジーに到達する4つのステップ
    ①あなたも私も考えたことのない効果的な解決策を探してみないかと問いかける。
    ②よりよいアイデアはどのようなものだと思う?と質問する。それによりすべきことの明確なビジョンができ、全員が満足できる結果であるかどうかを評価する基準-両社の要求を上回る基準-が定まる
    ③基準を満たす解決策を件とし始める。自分たちのアイデアを正反対にしてみたりする。極端な可能性を検討できるかどうかがシナジーの成功の鍵を握っている。
    ④興奮状態になれば、シナジーに到達している。
    ・公平を求める気持ちは信頼関係の敵。成功基準作成時には関係者全員が参加しているか、可能な限り多くのアイデアを得ようとしているか、本当に求める結果は何か、なすべきことは何か、凝り固まった要求からよりよい結果に何かに視線を移しているか
    ・対立は人が自分の仕事を本気で考えているときにおこるもの。
    GET→Gain 利益、得てしかるべきもの
         Emotion 感情、気持ち、アイデンティティ
         Territory 縄張り 部下、予算、専門知識
    このGETがシナジーの障害になる。
    ・プロトタイプ 解決策のスケッチ、モデル、模型、草稿など。
    カウンタータイプはこれを物事をさかさまにして考え、前提を疑い、従来のやり方をひっくり返したもの。
    ・家族は社会における第一かつ重要な組織。愛、人格、社会的、個人的責任を育てる土台である。
    ・ポジティブチケット 通常、警察は悪いことをした人にチケットをきるがいいことをした人に褒美のチケットを与えること
    ・ニーチェは「生きる理由を知る者は、およそどんな生き方にも耐えられる」という言葉を残している。
    ・幸福を長く続かせる鍵は奉仕であり、 奉仕こそ、人生の真の成功を測る基準

  • 7つの習慣の「相乗効果(シナジー)」の部分を広く、深く掘り下げた内容。
    7つの習慣で書いてある以外の全く新しい知識を期待せず、7つの習慣を復習するつもりで読むのであれば良い本。

全40件中 1 - 10件を表示

第3の案 成功者の選択のその他の作品

第3の案 成功者の選択 【後編】 Audible版 第3の案 成功者の選択 【後編】 スティーブン・R.コヴィー
[オーディオブックCD] 第3の案 成功者の選択 (<CD>) CD-ROM [オーディオブックCD] 第3の案 成功者の選択 (<CD>) スティーブン・R.コヴィー
第3の案 成功者の選択 【前編】 Audible版 第3の案 成功者の選択 【前編】 スティーブン・R.コヴィー

ブレック・イングランドの作品

第3の案 成功者の選択を本棚に登録しているひと

ツイートする