7つの習慣―2011年来日講演映像CD-ROM付属

制作 : Stephen R. Covey  ジェームス・J. スキナー  川西 茂 
  • キングベアー出版
4.23
  • (41)
  • (23)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 468
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863940192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界が変わる。

  • とても参考になった!

  • 二度完読を目指し読み進めたが、いずれも途中で挫折してしまった。書かれてあることは最もなのだが、一歩動き出すエネルギーやきっかけを得られるような本では、私にとってはなかったということだ。

  • 全ての成功法則の源流となる、原理原則をまとめた名著中の名著。
    初見は難易度が高く感じるが、是非とも読みこなしたい一冊。
    これを全て実践出来れば、成功するしかない。

    書評はこちら!
    http://ameblo.jp/nori-shohyo/entry-11438875458.html

  • 読む前は自己啓発本なんて、と思っていたが、読んでみると良かった。繰り返し読みたい。

  • 自己啓発はこの一冊で十分。すごすぎてマルチ商法やネットワークビジネスの勧誘に使われて勘違いされてるのが残念。

  • 10年来の愛読書。

    2014.4最新の再読

  • まず、長い!

    ただベーシックの所で誠実であることということと、win-lose lose-winでなくあくまでもwin-winを目指すためにも建設的であるべきということは共感できました。

    人を変えるということは出来ないから、自分を変えることによって人も変える。結構地道な作業です。

  • この本は、名著として雑誌などで推薦されているのを何度か見かけ、一度は読んでみたいと思っていたものである。

    「成功には原則がある」

    という副題があるが、私はあまりそういう考え方が好きではない。
    読みはじめるにあたって、当初は少々抵抗感があった。

    実際に読んでいくと、最初に興味深い実験があり、パラダイム(既製概念とでもいうべきか)がどれほど我々の生活を左右しているかを考えさせられるようになった。

    読み進めるうち、それぞれの習慣(章)ごとに、家庭や仕事など、自分の実生活に照らし合わせて、「確かにその通りだが・・・」「そんな簡単にはいかないよ」など、いろいろなケースを頭の中で思い描くことができた。


    「Win-Win」を考える。
    理解してから理解される。

    正直、心のなかでわかっていても、実践するのは難しい。
    子供が思うように言うことを聞かない時、妻と意見が合わずイライラしてしまうときなどなど・・・

    しかし、この本の内容は私の心のなかに何かひっかかるものを残してくれた。

    普段私は、あまり本を読み返すことをしないのだが、この本は改めてじっくり読み返し、それぞれの習慣を実践に移して見ようと思う。

    簡単なことではないし、続くかどうかわからないが、試してみてもおもしろいと思えた訳だから、いい機会である。

    各章の最後に、「応用への提案」という演習的なものがある。
    なかなか時間がなく、じっくり実践することができなかたが、ここから始めてみようと思う。

    世界の多くの方々が影響を受けたというこの本。
    自分もその一人となるのか、ちょっと楽しみだ。

  • Win-Winの関係を築く。
    P/PCバランスの重要性。

    かなり学ぶ部分が大きかった。

全14件中 1 - 10件を表示

スティーブン・R.コヴィーの作品

7つの習慣―2011年来日講演映像CD-ROM付属を本棚に登録しているひと

ツイートする