完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • キングベアー出版
4.50
  • (412)
  • (148)
  • (56)
  • (12)
  • (6)
本棚登録 : 5304
レビュー : 259
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863940246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 物の見方が変わることで、自分のあり方に気付けるようになる本です。
    この本を読んでいると自然に前向きな力が働いていくような大きなパワーを感じます。日記形式のように展開されたこの本は、それまでの自己啓発書とは違うアプローチ方法でわたしたちに刺激を与えてくれました。

    日記の日付事に変わる文章の長さの緩急は次、次とまるで違う世界が広がっており、人間が必要としてる人生観の扉が次々と解明されていくようななんとも言えない心地よささえありました。

    「人生とはなんと素晴らしいものなんだろう!」と思わせてくれる一冊です。

  • 『7つの習慣』本を読んだ事ない人でもタイトルくらいは聞いた事があるかもしれません。

    きっとこの本を手に取ったあなたは良い習慣を知りたいと思っているのではないでしょうか?

    前向きに物事を捉え主体性をより強めたい人のための良書です。

    要約
    →他人を変えようとせず、自分が変われ


    言葉で言うのは簡単です。
    しかし、変われなかった習慣があるからあなたは今まで変われなかったはずです。

    自分と向き合うのは簡単そうで難しい習慣です。

    この本はカーネギーさんの「人を動かす」に通ずるものがあります。合わせて読むとより実践しやすくなります。

    そして、重要なのは自分の人生に責任を持てるようになる事です。
    あなたの人生はあなたが決める事ができる。
    あなたの手足は誰でもないあなたの意思でのみ動くのです。
    なりたい自分を、思い描くのは誰でもないあなたです。

  • 自己啓発書の金字塔。Win-Winは今や誰でも知っている。

  • 竹は種を蒔いて3年間根を張り続ける
    ”相互依存の能力”
    真の成功→「持続性」「成長」

    ・今日の結果を出す必要性
    ・明日の成功に結びつく能力に投資する必要性
    →2つのバランスを取る

    死の床にあって思う→家族愛する人

    何を見るかよりも”どのようなレンズを通してみているかが世界観を作る

    「油断することなくあなたの心を守れ。生命の泉はこれから流れ出るのである」

    人の行動や人間関係も「農場の法則」
    真の誠実さ、根本的な人格の強さ

    第一の偉大さ「優れた人格をもつこと」
    第二の偉大さ「才能に対する社会的評価」

    経験による条件付が私達のものの見方(パラダイム)に強い影響を与えている

    相手への態度・行動は相手への見方と一致
    ☓世界をあるがままに観てる
    ○私達のあるがままの世界を見ている
     自分自身が条件づけした状態で世界を見ている

    「パラダイム・シフト」→「アハ体験」したときに起こる

    誠実・信頼・人間の尊厳・奉仕・貢献・本質・美徳

    社会を含め自然界の全ては生態系という「相互依存」で成り立っている

    「相互依存」→他者を愛し、与え、他者からの愛を受け止める

    ☆「私的成功」が「公的成功」に先立つ→内から外へ

    真に自立した人間→効果的な相互依存の土台
    P/Cバランス:成果productionと能力production capability→ガチョウの卵

    7つの習慣
    ①主体的である
    自分自身の思考プロセスを考える→「自覚」
    「刺激と反応の間には選択の自由が存在する」
    →自覚・想像・良心・意志

    人生で体験することにどう反応するかが大切

    resourcefulness知恵とinitiative率先力

    「愛(Love)」は動詞
    haveとbe
    後者を大きくしていく

    ②終わりを思い描くことから始める
    →能率的・効率的に
    すべてのものは二度作られる(知的・物質的)
    第一の知的想像をすること

    まず必要とされるのはリーダーシップ
    →正しい方向に進んでいくための創造的リーダーシップがないとマネジメント外貨に優れていても失敗する
    リーダーシップとマネジメントの差を理解する

    ☆原則中心で生きる
    書く→精神・神経・筋肉に作用する

    ③再優先事項を優先する
    右脳でリーダーシップ、左脳でマネジメント
    自らの嫌だという感情を目的意識の強さで服従させる

    ☆「目的意識」と「使命感」

    時間管理の本質→「優先順位をつけ、それを実行する」

    今の時代:人間関係を維持し、強くしながら結果を出す
    緊急ではないが重要なことに目を向ける

    パレートの法則:活動の20%が結果の80%を産む

    「形態は機能に従う」

    ☆優先すべきことをスケジュールにする

    物は効率で考えられる:人は効果で考える
    マネジメント→てこの支点をずらすこと
    手段ではなく、何を達成するか

    全体的なデリゲーション:「信頼」
    自分をコントロール・ほんとうの意味で自立→真の自尊心

    ・期待の内容をはっきりと示す
    ・その場にいない人に対して忠実になること
     無条件の愛

    ④win-winをかんがえる
    防衛的になれば創造的にも協力的にもならない
    No Dealの選択肢:合意することに合意しない→余裕を持つことができる

    ☆「win-win or No-Deal」

    人格・人間関係・協定・システム・プロセス

    依存→自立→相互依存
    すべての関係者が充実した人生を生きられるようにするのがリーダーの基本的役割

    勇気と思いやり

    win-win実効協定でコントロールできる結果に対する評価
    金銭的、心理的、機会・責任

    ⑤まず理解に徹し、そして理解される
    聞くのレベル
    ①相手を無視して全く聞かない
    ②聞くふりをする
    ③選択的に聞く態度
    ④注意して聞く
    ⑤共感による慶長→相手を理解しようと聴く

    *共感と同情は違う

    コミュニケーション
    →10%言葉
     30%音や声のトーン
     60%ボディランゲージ
      →眼と心を使う

    相手の気持を言葉にする

    ⑥シナジー(相乗効果)を創り出す
    二人の人間が違う意見を主張したとき論理的に二人が正しいことはない
    →心理的になら二人が正しいこともあり得る

    ・必ず第三の案があるはずだと思えない限り自分だけの解釈の限界を超えることはできない
    成長と変化を妨げるネガティブな力に対応するときにこそシナジーが特に協力になる

    ⑦刃を研ぐ
    バランスの取れた健全な生活をおくるための基本価値
    ①観点
    ②自律性
    ③つながり
    ④体調

    本を読む→パラダイムが広がる

    ・他者と創造的に協力する
    ・他の人の人生が良くなるように奉仕する

    高い次元で学び決意し実行する

    ☆「刺激と反応の間にはスペースが有る」

  • 若い頃に手に取って以来、何度か読んでいる本書。
    新しい本で読みたくなって購入。原則に基づいて、主体的に自分の人生を生きる。

    大切なもののためにどう生きるかの指針。20代、30代、そして40代と読む年代によってライフスタイルも立場も変わり感じとることも少しずつ変わっているので時どき読み直すことがオススメ。

  •  スティーブン・R・コヴィー博士が唱えている人格論。仕事でも家庭でも成功するには小手先のスキルより人間性が大事だと語られている。それは、原則中心で行動する習慣を身につけることだ。

     習慣とは人格を形成していくもの。自分の行動パターンであり、日々絶えず人格として現れる。幸福とは、今欲しい結果を犠牲にして最終的に欲しい結果を得ることである。なので幸福を得たいなら、今日の自分を変え習慣を変えていかなければならない。
     7つの習慣は、依存から自立へ、そして相互依存へと至る習慣。「あなたの責任→私の責任→私達ならできる」と考えられるようになること。それには、これまでの価値観・考え方を変えパラダイムシフトを起こす必要がある。原則中心という考え方を身につけ、習慣にすることで成功や幸福を得られる。
     
     習慣は7つあり、第1~3は自制をテーマにし、自立へと成長するための習慣。第4~6は個性を生かしたチームワークをテーマにし、相互依存を可能にする習慣。第7は再新再生の習慣で成長するサイクルを生み出す。

     習慣は具体的に7つ
     1主体的である 
     2終わりを思い描くことからはじめる 
     3優先事項を優先する 
     4Win-Winを考える 
     5まず理解に徹し、そして理解される 
     6シナジーを創り出す 
     7刃を研ぐ
     最終的な目的は6シナジーを創り出せるようになること。シナジーとは相手と協力し自分だけでは出せない大きな成果を生み出すこと。1+1=3や100になる。これを目指すために1~5の習慣がある。

     一番重要だと思ったのは、第3の習慣「最優先事項を優先する」こと。緊急度重要度マトリクスで、人は第1領域のことばかりで終わっており、第2領域(重要だが緊急でないこと)まで手が回っていない。自分の生活を振り返ると、日々緊急なことばかりをこなし、重要でないことを効率よく行うことばかり考えていた。「もともとしなくて良いものを効率よく行うことほどムダことはない」という言葉を思い出した。これでは良い人生は送れないと気づいた。
     人が第2領域を行えない理由は、何が重要か?という最優先事項が本当に分かってないから。それを知るには、「自分の葬儀でどんな弔辞を読んでもらいたいか?」を想像すること。その弔辞が自分の人生の中心になる。それを自分のスケジュールに入れ日々行動していく。
     自分の優先することに費やす時間をつくるには、デリゲーションが必要になる。デリゲーションとは人に任せること。人との関係は効率ではなく効果で考えなければならない。良いデリゲーションは全面委任。任せた人が良い結果を出せるようにしておくことが大切。この活動も第2領域に入る。

     原則中心の考え方は大事だと思った。これまでの自分は仕事中心、所有物中心、お金中心な価値感があった。本書を読み、原則中心に考え方を変え習慣を変えようと思う。本書を読み自分が始めたことは、スケジュール帳に優先することを意識して書くようにしたこと。これで、今週自分はなにを達成したいのか?を優先して行動できるようになった。その他の習慣もとても良いので、本書を何度も読み自分の人格としていきたい。

  • ほぼ10年ぶりに再読(今回は完訳版)。依然として自己啓発本の底本の一つでありつづけている。しかし、原則中心とあるけど、やはり宗教的な発想もあり、好みは分かれるかなぁ。

  • 大学生のころに一読し、社会人3年目にもう一度読んだ。人生のバイブルとまでは言わないが、何度も読むことでやっと自分の軸になる。また実践することも勿論大切。インプットのあとは必ずアウトプットする。そうすることでこういうビジネス本を読んだ意味がついてくると思う。

  • 友達にお薦めされた本。
    自己啓発本は今まで避けてきたが、自然と読んでみたいなぁという気持ちになったので読んでみた。

    自分で考え行動するというのを、
    ・インサイドアウト
    ・主体的(⇔反応的)
    というワードを使うことで、より感覚的にイメージできるようになった。この表現はかなり秀逸であると思う。

    頭の中の地図を正していく、良いものにしていくというのはファクトフルネスと同じであるし、人間の内面の部分に着目して問題を解決しようという意味では行動経済学と被る。最近読んだ本との共通点を拾い上げながら読むことができたので、理解が深まった。

    第二の習慣で、自分独自の原則を作り、それを中心に生きるというものがあった。具体例を読むと、かなり詳しくかっちりと原則を作っていたが、それはしんどい笑
    四字熟語くらいでええんちゃうかなぁって個人的には思います笑

  • 【学び】
    ・自分で反応は選択できる/する
    ・ミッションステートメントに生きる(ビジョンを持つ)
    ・重要だが緊急でないことへの投資、MSに沿った計画をたてる
    ・WIN-WINこそあるべき姿で、その実現のためには、まず相手を理解してから理解される必要があり、そうするとシナジーが生まれる。このサイクルを良化させるために、常に刃を研ぐのが大事。
    【所感】
    私の最も影響を受けた本のNo.2。子供に語り継ぎたい必携の書。自分も毎年ミッションステートメントを見直しているほど。

    • ttmm2288さん
      sinjimovicさんにとっての影響を受けた本no.1は何でしょうか⁇

      よろしければお返事いただきたいです。
      sinjimovicさんにとっての影響を受けた本no.1は何でしょうか⁇

      よろしければお返事いただきたいです。
      2015/01/16
全259件中 1 - 10件を表示

スティーブン・R.コヴィーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
トマ・ピケティ
ナンシー・デュア...
デールカーネギ...
トニー・ブザン
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

完訳 7つの習慣 人格主義の回復を本棚に登録しているひと

ツイートする
×