7つの習慣最優先事項

  • キングベアー出版
4.33
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (557ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863940406

作品紹介・あらすじ

15年振りに、完訳版として再登場!最も重要なことを実現する実行の原則。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 七つの習慣の二作目

    第三の習慣
    最優先事項を優先する
    にターゲットを置いた上で書かれている

    七つの習慣は具体例が多くて
    長くて読むのはちょっと大変なのだが
    やはり、読んで得るものが非常に多い本だと思う
    実際にどう実践するか、いきなり全ては無理でも
    できるところから実践していこうと思う

    この本の前にまずは簡単な七つの習慣の
    解説書みたいなやつとか、漫画とか
    読むことがオススメ

  • 7つの習慣の、第3の習慣をより深めたもの。
    自分がどうしても第2領域を優先できないから読もうと決めたが、
    結局自分が自分の最優先事項をわかっていないということが問題。

    そのためにミッションを見つけて、そのための週間計画を作ることから始めようと思った。

  • 書かれている内容を身につけて、実践することで、よりよい人生を歩める気がしました。

  • 何事にも時期がある
    自分にとって本当に大切な 最良の事をしているかどうか。
    自覚、良心、意志、想像
    静かに内省し、心の声に耳を傾ける
    原則(心の声)の持つ謙虚さを大切にする
    使命はつくるのではなく見いだすのである
    生きているかぎり、生き方を学び続けよ

  • 人生という時間をよりよく生きるための第四世代の時間管理術。そのツールとしての「フランクリン・プランナー」は既に使っているので、重要だが緊急ではない第2領域のタスクを週間予定に組み込む背景にある考え方を理解するのに役立った。
    瓶に入れる大きな石、砂利、砂、水は、その順番に入れるからこそ重要なこと(大きな石)に取り組める。
    農場で収穫を得たいなら、適切な時期に種を播き、時間をかけて育てる必要があるという自然の原則どおり、ミッションステートメントを明確にして、その方向性に沿った真北の原則の最優先事項に取り組むこと。
    生きること、愛すること、学ぶこと、貢献することのニーズを満たすために、自覚、良心、意志、想像力を使う。
    肉体的側面、社会・情緒的側面、知的側面、精神的側面の刃を研ぐ時間を意識的に作る。
    15-263

  • 旧版読んでいたので、飛ばし読み。あまり変わっていないのと思う。。



    目次
    第1部 時計とコンパス(死の床で「もっと長い時間を職場で過ごしておけばよかった」と後悔する人はどのくらいいるだろう?
    緊急中毒
    生きること、愛すること、学ぶこと、貢献すること)
    第2部 大切なのは最優先事項を優先すること(第2領域の時間管理:最優先事項を優先するプロセス
    ビジョンは情熱の源
    バランスよく役割を果たす
    目標のパワー
    一週間という視野
    選択の瞬間に誠実である
    人生から学ぶ)
    第3部 相互依存のシナジー(相互依存の現実
    他者と一緒に最優先事項を優先する
    インサイド・アウトからのエンパワーメント)
    第4部 原則中心の生き方がもたらす力と安らぎ(時間管理からパーソナル・リーダーシップへ
    心の安らぎという結果)

全7件中 1 - 7件を表示

7つの習慣最優先事項のその他の作品

7つの習慣最優先事項 Kindle版 7つの習慣最優先事項 スティーブン・R・コヴィー

スティーブン・R・コヴィーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
佐々木 常夫
冨田 和成
伊賀 泰代
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

7つの習慣最優先事項を本棚に登録しているひと

ツイートする