加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門

著者 :
  • 幸福の科学出版
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863953802

作品紹介・あらすじ

結局、「アラブの春」は何をもたらしたのか?革命後、イスラム原理主義国家が次々と台頭し、中東はさらなる混乱に陥ってゆく!ニュースの背景がよく分かる遠くて近いイスラムの話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人になじみの薄い、イスラムという世界をわかりやすい言葉で解説。これで、ニュースの背景がわかるかも。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1936年東京生まれ。外交評論家。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。一九七七年より福田・中曽根内閣で首相特別顧問を務めたほか、日本ペンクラブ理事、松下政経塾相談役などを歴任。
著書に『昭和天皇の戦い』(勉誠出版)、『イギリス 衰亡しない伝統国家』(講談社)、『徳の国富論』(自由社)など。現在『加瀬英明著作選集』(勉誠出版)を刊行中。

加瀬英明の作品

加瀬英明のイスラム・ノート―はじめての中東入門を本棚に登録しているひと

ツイートする