本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)

著者 :
  • 幸福の科学出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863954298

作品紹介・あらすじ

本多静六は日本最初の林学博士である。明治から昭和にかけて、日比谷公園や明治神宮の森をはじめ、全国各地の水源林や防風林の整備、都市公園の設計改良など多大な業績を残し、一介の大学教授でありながら、「四分の一貯金法」により、巨万の富を築いた。本書は宇宙論から始まり、幸福論、仕事論、努力の大切さを述べた書であり、三七〇冊を超える著作の中でも、本多思想の全体像をつかむ上で最適の一冊と言える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本多静六の本を、手当たり次第買った中にあった一冊。
    前回読んだ、『成功するために必要なシンプルな話をしよう』と重複した内容が多かった。
    人生計画の大家である本多静六であるが、初めから計画的な人生を歩んだわけではない。ドイツ留学から帰国して以来、計画的・科学的な人生を模索した氏であるから、留学まではその都度、人生の選択をしながら、だんだんと高みへ登っていったのだ。
    本多静六の人生は、明治維新から第二次大戦までの期間とすっぽり重なる。
    15〜16歳までは百姓をしていたが学問がやりたくなり、大学まで進学する。さらに、大学在籍中に留学がしたくなり、学問を究めることになる。
    まずは低い目標を立てて、その目標達成に全力を注ぐ。それを重ねていくとだんだん高い目標に進むことができる。

  • 日比谷公園などを設計した日本最初の林学博士が、徹底した努力の大切さを述べている。幸福論、仕事論などにも自論が広がっている。

  • 努力論、幸福論、仕事論に関する王道中の王道本。
    本書を代表する名言「人生即努力、努力即幸福」や「職業の道楽化」など、一つ一つの言葉に重みがある。
    特に「職業の道楽化」については、正直最初は”道楽”という言葉選びに多少違和感を感じたが、そこには生涯現役で働き続けるための処世訓がつまっていると思う。
    巻末「教養の大陸」編集部による解説も必読ポイント。

  • 人生即努力、努力即幸福。
    社会主義が復活しつつあり、自助努力の精神が失われがちな日本人に今必要な本ではないだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)のその他の作品

本多静六の努力論 Kindle版 本多静六の努力論 本多静六

本多静六の作品

本多静六の努力論―人はなぜ働くのか (新・教養の大陸BOOKS 2)を本棚に登録しているひと

ツイートする