天に誓って「南京大虐殺」はあったのか (公開霊言シリーズ)

著者 :
  • 幸福の科学出版
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863954892

作品紹介・あらすじ

死後10年目、衝撃の告白!私は、政治利用されていただけだった…。すべては、「天安門事件」を隠蔽したい中国と、「東京大空襲・原爆投下」の罪悪感払拭を狙うアメリカから、"虚偽の事実"を"つかまされた"ことからはじまった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 霊言(れいげん)現象;あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象。
    冷媒現象;トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象。

    1997年「ザ・レイプ・オブ・南京」アイリス・チャン(1968~2004)

  • 驚愕の事実がまた発覚。個人的には善人であっても、政治利用され、知らずに犯した罪の大きさは大きく、死んだ後で償うには、時間がかかるような気がする。とにかく、日本人であれば、読んでおくべき内容。

全2件中 1 - 2件を表示

天に誓って「南京大虐殺」はあったのか (公開霊言シリーズ)のその他の作品

大川隆法の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

天に誓って「南京大虐殺」はあったのか (公開霊言シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする