南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か (OR books)

著者 :
  • 幸福の科学出版
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863955554

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2017/09/19】読了

     これが事実だとしたら、驚愕。結論をいうと、南京大虐殺も従軍慰安婦も、なかった。

     南京戦を先導した松井石根中将の霊言。

     現在の歴史教科書は「軍部が暴走した」という自虐史観に基づいているが、松井中将の話によれば違う。

     当時満州属が支配していた中国、日清戦争で敗退したことにより満州族が引き上げ、混乱状態にあったので、南京の治安維持、特に邦人保護のために、日本軍がそれをおさめた(当時、民間人に紛れて人を殺傷する軍人も増えており、治安が悪化していた)。大虐殺ではなく、実際に中国の内戦で9割以上の死者が出ており、集団強姦したわけでもない(高級娼婦が軍の上層部を相手にすることはあったかもしれないが)。
     日本軍は「武士道精神」を持っており、規律もきちんと守っていたと。

    朝日新聞の記者、本多勝一が南京大虐殺の記事を書いて以降、現在の間違った歴史観ができたのではないかと。

     両当事者の言い分なので、私には本当のことは分からないが、調査が進んで、松井中将のおっしゃるような資料が出てきたりしたら、認識が変わるのかもしれない。

     なお、前世は新田義貞公や、中国で建国に携わった者。霊界では、高天原にかえられている。

  • 正義のない平和は長い目で見れば破たんする。「敗れるかもしれないが、正しいと思うことは、やらねばならない」
    世界史は国と国と、誤解や摩擦の中で磨かれるもの。そいうういろいろな時代の織物をおりつつ人類は進化する。
    短期の常識に囚われず、大きな目で考えるという事が大事という事か?

全2件中 1 - 2件を表示

南京大虐殺と従軍慰安婦は本当か (OR books)のその他の作品

大川隆法の作品

ツイートする