悪魔からの防衛術 ―「リアル・エクソシズム」入門―

著者 : 大川隆法
  • 幸福の科学出版 (2017年6月7日発売)
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863959125

悪魔からの防衛術 ―「リアル・エクソシズム」入門―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【2017/07/03読了】
    隆法先生の書籍で、いかに悪に打ち勝つか、ということだけを特集した書籍は少ない。本書は手口を詳細に分析した本として価値が高い。釈尊や、ナポレオンヒルも、同様のことをされている。過去、同会より「悪霊撃退法」という”虎の巻的”書籍が出ているが、あれは5人の霊人からコメントを集めたもので、本書は隆法先生自身が書かれている点が異なる。


    (悪の特徴)
    ・案外合理的な側面があり、多くの人に影響を与えやすい人や、弱いところを効率的に狙ってくる
    ・嘘を頻繁につき、相手をだますのが上手になる。
    ・一部の動物霊は、ものを盗むなど。
    ・周囲の意見に耳を傾けなくなる
    ・「死ね」などと通常では考えられない「指導」を受け、破滅的あるいは自己破壊的なことを考え出す。
    ・何が正義で何が悪かは、個人レベルでも国家レベルでも難しい問題。これにより不可避的に生ずる悪もある。
    ・彼らは確信犯であり、悪いことと分かっていて、神仏に挑戦するような気持ちで悪さをしている。
    ・「憎しみ」「執着」「名誉心」これらの心にとりついてくる
    ・一部の左翼主義運動には悪が入り込んでいる。主張する権利と負うべき責任が釣り合っているかを常にチェックする必要がある。

    (祓いの方法)
    ・「折伏」「摂受」の二種類。前者は一喝するなどして退かせる方法、後者は時間をかけて説得する方法。
     詳細にページ数をさいてかかれているが、素人はまねしない方がよいだろう。

    ・霊の声聞こえたからといって「天上界の声」とは限らない⇒隆法先生のべつの書籍で、「耳から聞こえるのは悪」「胸の内から心にダイレクトに語りかけてくるのが守護霊・指導霊」という趣旨の記載もあった。

    ・どうしても離れない場合は、仕事上や生活上、無理をしていることがないかどうかチェック。我慢し続けていることなどないか。

    (対策)
    対策については、大きくは、二カ所に分けて述べてある。
     
     はじめに、「正しい生活と精進力」「食事、睡眠、運動」「知力を付けることと情報の選別」「仕事・経営上の問題を解決しておくこと」の4点。
     彼らは、これらの逆の属性を持っている。まじめに規則正しく、勉強や精進を続けている人には近寄りにくいらしい。なお、4点目「仕事・経営上」に関して、身近なところから「整理整頓」をはじめるとよいという。確かに、気持ちが晴れないときは周囲もごちゃごちゃしていることが多い。

     次に、とりつかれないために必要な点として、「謙虚さ」「利他の思い」「動物的な欲求の克服」「他人の不幸を喜ぶ気持ちの自戒」「慣用の精神」「祝福の言葉」「布施修行・喜捨の精神」などのポイントをあげる。

     その他、「忍辱」「不退転の心」「信仰心の継続」の必要性。「触らぬ神にたたりなし」で、自ら心霊現象などに触れないようにすること。

  • 常に自分の実力以上に世間が評価されていないか?謙虚な態度、一歩一歩積み上げる姿勢が自分を守る。これは一部。まだままだ、多くの事が書かれているので、ぜひ読んでみてください。

全2件中 1 - 2件を表示

悪魔からの防衛術 ―「リアル・エクソシズム」入門―のその他の作品

悪魔からの防衛術 Kindle版 悪魔からの防衛術 大川隆法

大川隆法の作品

悪魔からの防衛術 ―「リアル・エクソシズム」入門―を本棚に登録しているひと

ツイートする