笑ふ戦国史

著者 :
  • 芸文社
3.42
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863960022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦国の武将がこんなに面白いコントをしていたとは思いませんでした!!! オススメ度99.9%!!

  • 戦国武将たちが
    歴史上の節目や大事な局面で、漫才をしています。

    道三と帰蝶のかけあいを微笑ましく思い、
    家康の腹黒さを垣間見て、納得。

    楽しく読了しました。

  • これはふざけている!(良い意味で)
    とかく、小難しく見がち、かつ結構ごちゃごちゃして見える戦国時代を、コメディタッチで書き上げられている。
    戦国時代が好きな人も特にそうでない人も、一読あれ。きっと、流れがスッと入ってくるはず。

  • 清正の話が面白かったです。
    ハイホーハイホー戦がすき♪
    佐和山主従のやりとりも笑いました!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

23歳の時、第1回「星新一ショートショート・コンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家としての活動に入る。ライトノベルの源流とも呼ばれる『死人にシナチク』シリーズなどの小説のほか、数百本のラジオドラマを執筆。「バーチャル・アイドル」芳賀ゆい誕生を仕掛けたり、腹話術師・いっこく堂の脚本・演出・プロデュースを手掛け、その衝撃的デビューの後押しをするなど、メディアでの活動も多岐にわたる。最近は、落語家・柳家花緑に47都道府県のご当地新作落語を提供中。著書に『「日本の伝統」の正体』『「日本の伝統」という幻想』『教養としての国名の正体』『ハリウッド・リメイク桃太郎 「グランパ、グランマ。ぼく、悪い奴らを退治してきます!」』『ラジオな日々』『ラジオにもほどがある』『幸せな裏方』『一芸を究めない』『一千一ギガ物語』『東洋一の本』『【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史web2.0』『元号って何だ? 今日から話せる247回の改元舞台裏』『一日で一気に学ぶ超日本史』、共著に『深解釈オールナイトニッポン ANN55周年記念 10人の放送作家から読み解くラジオの今』など多数。

「2022年 『国会話法の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井青銅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
堀江 宏樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×