レトロ銭湯へようこそ 関西版

著者 :
  • 戎光祥出版
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864031820

作品紹介・あらすじ

夕暮れの街かど-ふと曲がった先に揺れる「ゆ」ののれん。薪を焚く香りがほのかに漂い、風呂道具を抱えた人たちが三々五々やってくる…。そんな懐かしの風呂屋が、いま猛烈な勢いで日本中から消えている。江戸時代からの伝統を受け継ぎ、関西各地に現存する貴重なレトロ銭湯で、今宵ひとっぷろとまいりましょう。今ならまだ間に合う!昔ながらの風呂屋47選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ※もし時間があれば読んでみると良い本でしょう^_^

    その昔家に風呂がなかった頃に通った「銭湯」「お風呂や」ああいいですな。昭和40年台はづっと銭湯だったな。でもおふくろの田舎の家に引っ越した時に家風呂に変わってしまってそれ以来づっと家(内)風呂だな。街なかは銭湯だけど田舎の一軒家には必ず内風呂があったのだ。そしてそれを沸かすのわ年少の我が役割であった。ああ懐かしい。
    写真満載の本文も悪くわないが巻末のエッセイっぽい数ページが良い。ちょっと煩雑な本文に飽きたら巻末へ移動してみようw
    そしてこの本の難わ、ともかく字が小さい。写真もめちゃ小さいのがあってなんのことだか分からなくてイライラする。
    でもまあそんな瑣末なことはこの際うっちゃっといて「ブルーライト・ヨコハマ」な気分で、今も生き残っている街の銭湯へ又行きませう(わかりますか「ブルーライト・ヨコハマ」ですよ(^^))

  • 素晴らしい

     知らない出版社さんの図書だから、ほとんど期待してなかったが、とにかく写真が良い。なぜって?人が写ってるから。どれもイキイキした写真だ。浴槽の絵が多くてとても楽しめる。いいガイドブックだなぁ!

全2件中 1 - 2件を表示

松本康治の作品

ツイートする