「実践する色彩学」 (HS/エイチエス株式会社)

著者 :
  • 無双舎
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864089333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 20121030
    題名の通り実践しての色彩がここに書いてある。
    二十冊以上色彩の本を読んできたが、これはとても読みやすい。
    パーソナルカラー、カラーセラピー、色彩心理とツキの法則の西田さんのことまで、満遍なく書かれている。
    読んでる時から試してみたいことばかりだ。
    やっぱり、色って面白い!!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「二十冊以上色彩の本を読んできた」
      ビックリ!
      「二十冊以上色彩の本を読んできた」
      ビックリ!
      2014/03/24
  • 一度は学びたいと思っていた色彩学。実践あるのみ。

  • なんとなく好きな色は何色ですか? いつもは選ばない色も味方にしたくなる本です。ソフトカバーで、やさしく手になじむところもよいです。
    (一般担当/みどり→オレンジ)

  • 「あなたの勝負色は何色ですか?」
    「TV番組のラッキーカラーで決めていますか?」
     この本は、“色”にまつわるあれこれを
    “色彩学”として多面的にとらえ、さらに、
    色のもつ力を実際の生活に活かそうという
    力強い実用書でもあります。
     色彩の効果を利用して洋服を選ぶとか、
    気分転換したい、モチベーションを上げたいそんな場面でも“色彩学”使えそうですよ!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

料理家。大阪生まれ。辻調理師専門学校をはじめ数々の料理専門学校で料理を学び、2012年に料理家として活動をスタート。”予約が取れない料理教室”として評判の「吉田麻子料理教室」を主宰するほか、企業のメニュー開発や監修、テレビ、雑誌などでも幅広く活躍、著書『ちゃんとおぼえたい和食』、『一肉一菜おかず』(ともに秀和システム)は、2018年、2019年の2年連続で「料理レシピ本大賞 in Japan」の「料理部門」に入賞。

「2020年 『吉田麻子の簡単、おいしい魚料理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田麻子の作品

ツイートする
×