小林系作品集 notebook

著者 :
  • 飛鳥新社
4.70
  • (51)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864100120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 理想的な線。こういう線をさらっと描きたい。

  • 丁寧だけどアグレッシブで
    ボールペン一本なのに透明感があって
    とてもステキな画集でした。

    本屋で一目惚れ。

  • 中盤からの流れに一気にググッと引き込まれました。
    何度見てもその度に新しく発見できることがありそうで、ページを開いてしまいます。

  • ボールペンと筆ペンのみで描かれた、下描きも修正もしていない著者のスケッチブックを書籍化したもの。
    先に続編2014の方を読了し、第一弾も気になったので読んでみた。いやあ、すごい世界観だ。個人的には続編の方が絵が洗練されている気がして好きですが、こちらも魅了される。ワンピースを着た少女の、鳥たちと共に空を舞う様子がかわいい。

  • 言葉がなくてもそこに物語が広がる感じ。

    すき。このひとの描く世界が。

  • 気になってとってみたら、一気に引き込まれた‼
    感動しました…感無量です
    是非、手元に置いておきたい画集ですね〜
    絵をみてドキドキしたのはじめて!

  • 何度だって見返したくなる。自分の手元に。今だからこそ。

  • こういう人を待ってました。繊細で大胆な線と構図、そこから生み出される一つ一つの物語はまるで宝石のようにきらきらしていました。この方の画力と想像力には驚かされましたが、何よりもびっくりしたのは子どもの頃の純粋な感動を覚えたことでした。

  • 写真集や作品集でこんなに心を動かされたものを初めてみた。
    後半の見開きのどの絵も迫力があり完全にこの人の世界に連れていかれた。
    ボールペンだけで書いたとかそういうことじゃなくて作品自体がすごすぎる。こんなの誰にも描けないよ。

  • 季刊Sにて数年前に作品は見ていたが、想像的な人物たちと夢遊的なストーリーと本としてのクオリティ(ボールペンの色味やかすれ具合の再現度)は手にとったから体感できる。

全36件中 1 - 10件を表示

小林系の作品

小林系作品集 notebookを本棚に登録しているひと

ツイートする