わが子を伸ばす四大必須科目「音読」「作文」「暗算」「焚き火」

著者 :
  • 飛鳥新社
3.07
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864100243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良い項目並べてるじゃ~ん!と借りてみたら、直前に読んだ
    「13歳の男の子に、親が教えるキーワード 」と内容が丸カブり。あらあら同じ著者かー。
    独特の主義主張のある人が書く本て面白いんだけど、同じ内容を手を変え品を変え出し続ける人って困る…。

  • 焚き火が大事というのは斬新だった。分かる気がするが、だからといって焚き火が、できるところに連れて行ってあげるのはなかなか難しそう。

  • この著者の本に共通する事なのだが、言いたいことは分かるのだが主観的で説得力に欠ける。
    「30年以上子どもたちをみてきた私が思うに~」
    という書き方が随所で見られ、理屈で理解できないと納得できない私には向かなかった。

    内容自体も目新しいものはあまりなし。
    高校生に新書、の話くらいかな。

  • 家庭教師のプロが、子供の育て方を教示。
    「音読」「作文」「暗算」「焚き火」が子供にとって大切と力説するが、具体性、説得力にはやや欠ける。
    受験勉強に関しては、いかに効率よく合格最低ラインに到達するかというゲームと捉えているところは面白い。(同感である)

全4件中 1 - 4件を表示

松永暢史の作品

ツイートする