百歳

著者 :
  • 飛鳥新社
3.95
  • (30)
  • (41)
  • (31)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 250
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101042

作品紹介・あらすじ

150万部突破のベストセラー『くじけないで』に続くトヨさんの待望の第二詩集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トヨさん百歳の詩集。
    震災や振り込め詐欺のこともうたっている。
    なんでこんなに優しい言葉を紡げるのだろう。乙女のような、でも一本通った芯。そして素直な感情。すごいです。

  • とってもやさしい人、トヨさん。
    正直に素直に誠実に生きるように諭してくれた詩集。

  • 白い雲に乗りたし(かわいい)

  • 読了。

    前作『くじけないで』と比べるとボリュームも減り、物足りない。急いで出した感が否めない。

    本人も数の少なさを謝罪してたから皆さん思うところなんでしょう。きっと書くペースもゆっくりなんだろうから仕方ないのかなと思ったけど、クオリティも前作に比べると……という感じ。

    百歳生きた人の詩って重みがありそうだけど、優しい文章で書かれていて和む。
    (170330)

  • 人にやさしくする。そして、やさしくしてもらったら忘れない。これが100年の人生で学んだことです。。。人間、いくつになっても学ぶことは大事。読んでいて心地よく気持ちがあたたかくなった一冊。

  • 簡単な言葉の重みが違うわな

  • 『くじけないで』の続き。2冊目の詩集。『くじけないで』と比べると、量が少なかった。が、著者も断っているとおり、高齢だし仕方ない!90歳を過ぎてから詩作を始めたって、それだけで充分すごいよね!

    何かを始めるに当たって、遅すぎるってことはないんだなぁと再確認。遅すぎることはないから・・・、って先延ばしにしてタイミング逃すのとは違うけど。

    人生の最後に大きな花を咲かすことができた・・・といった表現があったけど、私も、何かを残して人生を終えたいと思った。小さくてもいいから、ちょこちょこ花を咲かしていこう♪

  • 三葛館一般 911.56||SH

    150万部突破のベストセラー『くじけないで』に続く柴田トヨさんの2冊目の詩集。
    奉公時代のこと。既に去ってしまった人たち。苦しかった時代のつつましやかな思い出。息子のこと。東日本大震災についてなど、生まれてきてから感じたいろんなことについて書かれた詩は、とてもあたたかで優しく、読み進めるごとに感動が染みわたり、胸が熱くなります。
    シンプルで、ありのままの優しい言葉で綴られた数々の詩からは、トヨさんの深い優しさやおおらかさ、みずみずしい感性や優しさの中にも芯の通った強さを感じられ、読むと心がほっと癒され元気になります。
    前作『くじけないで』もここ三葛館に所蔵しているのでご一緒にどうぞ。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=62575

  • 家にあったので軽く読んで、なんで過去ばっかり思いだしてるんだろうか、百歳にもなると過去に生きるのか、とか思ってたが、前作『くじけないで』とついになっていたのか。早とちりだった。

  • 義父は百歳まで生きるという。百歳の心持ちってどんなもの?「ビリでも頑張れば一番になれる」あら、トヨさん、元祖ビリギャルだったのね。そして、昔の楽しいことをいっぱい思い出しているのね

全65件中 1 - 10件を表示

百歳のその他の作品

百歳 Kindle版 百歳 柴田トヨ

柴田トヨの作品

百歳を本棚に登録しているひと

ツイートする