天才バカボンの幸福とは今日もおひさまが昇ること

  • 飛鳥新社
3.53
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864101363

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新聞の広告を見てビビビと来て翌日買いに走った本!

    毎日を前向きに生きるってホント難しいから
    当たり前のことを思い出したい。
    「幸福とは新しい靴をはく朝」
    いいじゃありませんか。
    繰り返し読むことで効果が得られそうだから
    期待を込めて★2つ!

  •  この本は赤塚不二夫が幸せと感じた瞬間を「行為」と「思い」で綴ったもの。
    小学生に幸せってどういうものって質問されたらこういう時に感じる気持ちなんだやって教えてあげられるかな。

    「幸福とは新しいじぶんと出会うこと」

    「幸福とは誰かに必要とされること」


    「幸福とは新しい靴をはく朝」

    「ら幸福とは誰かを笑わせるための努力」

    「幸福とはいっしょに悩んでくれる人がいること」

    「幸福とは同じ歌で盛り上がる友達がいること」

    「幸福とはほめるひとほめられるひと」

    「幸福とは夢中になれる興味があること」
       (たとえ誰にも理解されなくても)

  • 2012年2月20日、初、並、帯無
    2016年11月21日、伊勢BF

  • 幸福とは---?の言葉に、天才バカボンの1カット。
    簡潔で共感できる言葉と懐かしい漫画に、心がなごみました。
    本のデザインもキュート。

  • バカボンのパパに教わったこと
    「幸福とは涙は乾くと知っていること」
    「幸福とは自分と似ていない誰かと出会うこと」
    「幸福とは今ここに生まれてきたこと」
    10冊持っていたこの本を昔子どもであったおとなの人にあげたので、今はただ1冊だけ。

    九州大学 人文学研究院 中国哲学史
    教員 柴田 篤 

  • これで いーのだ!!


    きまぐれ図書館のレビューはコチラ
    http://ameblo.jp/kimagure-library/entry-11443498419.html

  • 天才バカボンの名言集なのかな?
    懐かしい絵と幸せに関する一文が紹介されています。
    「これでいいのだ」ですね。

  • 幸福とは、思いがけずに生まれた暇な時間。

    幸福とは、涙は乾くと知っていること

    幸福とは、知らないところで誰かに思われていること。

    幸福とは、今日もおひさまがのぼること

  • 幸福とは…から始まるいくつもの短い文とバカボンの絵を一緒に楽しめる本。
    「これでいいのだ」という全肯定の言葉の持つ破壊力ってすごいかも。

  • なんだか、ほっこりした。
    俺は疲れてるのか?

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1935年9月14日、旧満州に生まれる。手塚治虫の『ロストールド』に影響を受け、漫画家を志す。56年、『嵐をこえて』でデビュー、伝説のトキワ荘に入居する。62年、『おそ松くん』と『ひみつのアッコちゃん』の連載を開始。イヤミが口にする「シェー!」の言葉やポーズは日本中で大流行した。67年には『天才バカボン』と『もーれつア太郎』の連載が始まり大ヒット。バカボンのパパやウナギイヌ、ニャロメなど数多くのキャラクターを生み出した。主要な作品はアニメ化され、「ギャグ漫画の王様」とうたわれる。ほか代表作に『レッツラゴン』『ギャグゲリラ』など。98年に紫綬褒章受章。2008年8月2日没。享年72。

「2018年 『コアでいいのだ! 赤塚不二夫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤塚不二夫の作品

ツイートする
×