ユーロマンガ8号

  • 飛鳥新社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864102438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バンドデシネ、いわゆるヨーロッパのコミックを選別して載せてくれる雑誌なのだそうで、これは購読したい雑誌です。知れて良かった。著名作家の描画法特集とかあんだぜ…!

    新進気鋭の作家作品なども載っていて、これがアメコミと漫画の折衷的表現にも見えるものがあってまた面白いです。

  • 巻頭というか前から約半分は、昨年「海外マンガフェスタ」で来日し、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したエマニュエル・ルパージュの特集みたいな一冊。Amazonで予約までして買ったけど、思いがけず献本が届いてビックリ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1966年9月29日、ブルターニュ地方サン・ブリユック県に生まれる。13歳で、『スピルー』の作画家ジャン=クロード・フルニエの個人指導のもと、バンド・デシネの作画を学び始める。建築の勉強の傍ら、最初のアルバム2冊を1987年と1988年にブルトン・ウエスト・フランス社から出す。一般読者の注目を浴びるようになったのは、1991年から1997年にかけてグレナ社から出た『Neve(仮題:ネヴェ)』(シナリオ:ディーテル)シリーズの5巻本。本書はUn Printemps a Tchernobyl(Futuropolis社、2012年)と時事問題専門のBD季刊誌La Revue dessinee 第2号(2013年12月)に掲載された“Les Plaies de Fukushima”の完訳。邦訳された作品に『ムチャチョ』(飛鳥新社、2012年)と「悪なき大地」(季刊誌『ユーロマンガ』8号に掲載、飛鳥新社、2013年)がある。

エマニュエル・ルパージュの作品

ユーロマンガ8号を本棚に登録しているひと

ツイートする