定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法

著者 :
  • 飛鳥新社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 具体的に書いてあり、わかりやすい。一点、所属寺を決めること(住職にハンコをもらう)が一般人には最大の難関であるように見える。ただ、その部分が熱意で何とかなると簡単に済まされているところが疑問。裏には多額の寄付、その他が必要なのではないかと穿ってしまう。

  • 目次 はじめに
    第1章 「人生を二度生きる」ための選択肢
    人生は「二毛作」で生きる もう人に頭は下げたくない
    現役時代の延長線上に「新天地」はない
    「人に頭を下げてもらえる仕事」のよろこび
    「心のセーフティネット」としての仏門
    第2章 六十代から始めよう
    「どう生きるか」から「なぜ生きるか」へ――人生観の転換期
    なぜ仏道を学ぶことで寛容になれるのか
    「自分の過去」が変わるとき 「欲の片棒」は担がないという生き方 六十代は僧侶になるのに最適の年代
    キャリアを積む時間が短くてもいい理由
    家族には「再就職」だと言おう
    第3章 ゼロから僧侶になる方法~私の場合
    宗派をどう選ぶか 間口の広さで選べば浄土真宗
    得度への道は「急がば回れ」――通信教育がお勧めな理由
    「所属寺」はどうやって探せばいいか
    受験勉強を楽しみながら乗りきる工夫
    「お経を覚える」ときの秘策 不安は「なりきる」ことで消える
    正座は「どうやっても痺れるもの」
    最後の関門「得度習礼」は何とかなるもの
    内容説明
    六十代は僧侶になるのに最適の年代! 経験なし、ツテなしで僧侶になる方法を、自身も本業のかたわら僧籍を取得し、「兼業僧侶」として活動する著者がわかりやすく紹介。仏教についての基礎知識や日本のお寺・お坊さん業界の裏話もまじえ、充実感に満ちた「仏の道」の歩き方を教えます。
    ■ 豊かな人生経験を生かし、充実した「第二の人生」を送りたい!■「人生の終着駅」を見定めながら、人の役に立つ仕事がしたい!そんな方におすすめの本です。

  • 文筆を生業にしてきただけあって読みやすい文章。
    僧侶になろうとした時・なった後の実体験を主軸に書かれているので、僧侶になると思う時の疑問点の多くに触れているのではないだろうか。
    ただ、その苦労や読経の感じはやってみないとやはり分からないだろう。あまり期待せずちょっと読んでみるくらい、で読んだのがよかった。

  • 宗教のすべてがよいとは思わないが、一部は歴史を超えた真理というか、成る程と思うところがある。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1950年、広島県呉市出身。拓殖大学卒業後、週刊誌記者などを経て作家に。浄土真宗本願寺派僧侶。保護司、日本空手道「昇空館」館長として、青少年の育成にあたる。著書に『考える力を育てる 子どもの「なぜ」の答え方』(左右社)、『浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか』(青春出版)、『親鸞の言葉 明日を生きる勇気』(河出書房新社)、『角栄と進次郎 人たらしの遺伝子』(徳間書店)など多数。

「2018年 『最強の「お父さん道」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向谷匡史の作品

定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法を本棚に登録しているひと

ツイートする