どうせなら、楽しく生きよう

著者 :
  • 飛鳥新社
3.82
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103633

作品紹介・あらすじ

生きるのがつらくてたまらないとき。「うまくいっている人」と自分をつい比べてしまうとき。「束縛する親」から逃れられないとき-。きっとあなたの助けになる、絶望からの救いのエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他人の期待に沿う生き方をしないようにすることが、楽しく生きることの大事な姿勢のひとつとされている。また、常識をふりかざされても、幸せに生きられない、とも。ぼくが考える自律性と他律性、他律性は幸福感をもたらさないことと重なります。わかりやすく、言葉に気をつけていて、おしつけず、読者をまよわせず、端的にやわらかく、批判や否定をもそれらを発するひとたちを断罪するようなことはせず、だからニュートラルな気持ちで読めますよ、いいなあと思いながら。ここが勘所ですが、実は、著者のようにそうやって解きほぐしていく知性こそが、読者が手に入れるべき大事なスキルなんですよね。思考していくってことに、大きな自律性ってあります。借りものの知恵じゃなしに、自分の思考力を使ってものごとを超えていくこと。だから、本書の経験論や思考をあくまでヒントとしてとらえ、それらを自分の中で育んでいけたなら、この本も著者もそれで、きっと喜んでくれるでしょう。だからこそ、勝手にですが、本書は饒舌に過ぎない形なんだと思いました。本書で語ることが、読者に対して他律的に働かないように、読者を支配しないように、そういった配慮のある体裁なのではないか、と僕には感じられました。もちろん、どこにも光が見えないような、落とし穴の底でうずくまっているひとにとっては、本書は一筋の光明になると思います。そういうひとたちに肩を貸して、立ちあがる助けをする、そんな力を持っている本でもあります。

  • 一度にすべて解決することはないから、ひとつずつ解きほぐす。選択肢は他にもあるし、ゆっくり離れたり前向きに諦める。たくさん挑戦して10個のうち3個当たれば良しとする。

  • 楽しく生きることをめざすということは、生きることを諦めないということなのかもしれない。「常識を押しつける人から離れる」と言ってくれているところは、「常識はずれ」ではないかと何かに怯えていた自分を勇気づけてくれるものだった。他の人と違うことが案外平気な自分でも、正体不明な「世間体」に縛られて、ストレスをためてしまっている。本当に大事なことはそこにはない。そこで追い詰められてしまうのなら、そこから逃れよう。そしたら、別のところに(もっと大事なことに)力を注げるそうしたら、楽しいことに目を向けられる。そんな力が湧いてくる本だ。

  • 辛いときに、この本を考え方として思い返したい。悩んでいる方へのプレゼントにも良いかも。

  • 以前から気になっていた翻訳家・著述家の渡辺由香理さんのエッセイ本。
    楽しく生きるためにはリスクを犯してでもやりたいことをやるための努力を惜しまないことが大切、という考え方に好感が持てた。

    ところで下の引用箇所を読んだらわらしべ長者遊びを思い出した。人を助けているうちに自分にも思いがけず幸せが巡ってきている人生が理想だなあ〜。明日もがんばろう〜〜。

    "まずは実行することが肝心です 。実際に行動してみれば 、思いがけない幸運にぶつかるチャンスも増えるものです 。そして 、小さなチャンスが次にはもう少し大きなチャンスを導いてくれ 、いつか 「やりたいこと 」がやれるようになるのです 。"

  • 914.6

  • ぼーっと読んでたら佐々木さんが出て来て驚きました。あと、父親ね。。。いるんだよね、どこにでも、こういう人。。

  • 人生順風満帆、いつも楽しそうで何の苦労もなさそうに見える人にも人知れず苦労や挫折がある。

    人間なのだから当たり前なのだけれど、
    つい自分を卑下してしまいがちな部分は誰にもあるのだと、
    そしてそこから抜け出す為には前向きな諦めと
    今の自分に出来る事を無理せずにこなしていくことなのだと、そして必ず暗いトンネルから抜け出すことは出来るのだという教訓。

    著者ご自身の苦しい経験から基づく視点からのメッセージがひだまりのように優しい。

    大好きなサイト洋書ファンクラブの渡辺由佳里さん。

    いつか、サイン会にお邪魔したいなー。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

エッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家。助産師、日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)、『暴言王トランプがハイジャックした大統領選、やじうま観戦記』(ピースオブケイク/Kindle版)。など。翻訳には、糸井重里氏監修の『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。エッセイスト、洋書書評家、翻訳家。アメリカ移住。ニューズウイークにて【2016米大統領選】最新現地リポート、『ベストセラーからアメリカを読む』連載。Cakesにて『アメリカはいつも夢見ている』と『アメリカ大統領選、やじうま観戦記』連載。新刊洋書を紹介するブログ「洋書ファンクラブ」は、多くの出版関係者が選書の参考にするほど高い評価を得ている。

「2017年 『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

どうせなら、楽しく生きようのその他の作品

どうせなら、楽しく生きよう Kindle版 どうせなら、楽しく生きよう 渡辺由佳里

渡辺由佳里の作品

ツイートする