夢をかなえるゾウ2 文庫版

著者 :
  • 飛鳥新社
3.69
  • (76)
  • (164)
  • (139)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 1495
レビュー : 133
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864103800

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢をかなえるぞう2 水野敬也さん

    自己啓発の小説として読みやすい本。前よりも、ガネーシャはお笑い要素が強いが、その分金無幸子さんが大切なことを逆説で伝えてくれている。幸子さん良かった。

    「希望というのは、消えたり現れたりするものではなくて、この街のネオンのように、いつもそこで光っていて、自分がその気になればいつでも見つけられるのかもしれない」
    「最終的に成功する人間は、自分には才能がないという不安を持っている人間」
    「この世の悩みは、本が解決してくれる」
    「聞く耳を持つ。それが成長するための最大の秘訣」
    「言葉というのはその人の一番最初の行動。」
    「他の人が気づいていない長所を褒める」
    「他人に対する言葉や行動は、自分に対する言葉や行動」
    「何かを手に入れるということは、何かを手放すということ。そして、なにかを手放す覚悟のない人が成功することはない。」
    「チームが一番となって1つの目標に向かうとき、チームメイト全員が自分の能力を超えたとてつもない力を発揮することがある。」
    「迷いの中に悟りがある」
    「人の幸福を羨んではいけない。なぜならばあなたは彼の密かな悲しみを知らないのだから」
    「やりたいことを、やりなさい」
    「どんなにつらい状況でも、それを楽しもうとする気持ちさえあれば、人は、自らの手で喜びを作り出すことができます。お金がなくても、人は幸せになることができるんです」
    「自分らはたくさんの人を喜ばすことだけを成功て思てるみたいやけど、たった一人の人間を喜ばすのも成功なんやで」

  • かなりコメディー色の強い話。
    軽い感じで読めるけど、幸子さんの発言はなかなか味わい深いと思う。
    ちょっと話が作られ過ぎてる感じがして、1のほうが好みかなと思った。

  • ○本を選んだ理由
    前作を読み、面白かった記憶があったので読んだ。
    「夢をかなえるゾウ」を初めて読んだのは学生時代であった。社会人になり、色々な事象に悩まされる中でまた自分を奮い立たせる力をもらおうと思い、読むに至った。

    ○こんな方にオススメ
    コミカルなタッチで書かれており、数時間で読める。
    節々に登場する逸話や格言はとてもためになるが、ストーリーの中に自然と入れ込まれており、全く押し付けがましくない。
    小説を読むような気持ちでさらりと読めるので、いわゆる"自己啓発本"が苦手なタイプの方にもオススメ。
    大ヒットした一作目を読んでなくても問題なし。

    ○本の概要
    脱サラしてお笑い芸人を目指す主人公西野が、ガネーシャというゾウの姿をしたヒンドゥー教の神と出会い、人生を好転させていく物語。
    西野は、突然現れたガネーシャのせいで闇金から追われる身になってしまう。もう後がない状況になり、ガネーシャと組んでお笑いのコンテストに参加することになった。
    度重なるガネーシャの自由奔放な行動に惑わされながらも、一等賞金1000万円獲得に向けて直向きに努力する西野。しかし、コンテストで勝ち進む中、優勝を諦めざるを得ないある重大な事実を知ってしまった。
    壁にぶち当たった西野がとった行動とはー。

    ○引用・感想
    ガネーシャは、人が何かに憧れるとき、その世界が「夢の国」のように見えるものだと言った。その理由は、その事の中にある辛いこと、悲しいことに目を向けないからだと。
    でも、だからこそ人は『憧れ』を目指すべきだと続けた。

    「自分の知らへん場所は、思いもよらんかった色んな経験をさせてくれる。つまり、そこは自分が一番成長できる場所やねん。せやから、憧れる場所に飛び込んで、ぎょうさん経験して成長した人間が、自分にとって一番向いてることを見つけたときーー自分にとっても、お客さんにとっても、最高の状態を生み出すことができんねんで」

    誰しも大小様々な『憧れ』を持っていると思う。しかし、それを実現しようというエネルギーをもてる人ばかりではない。
    そして、それを実現しようとすると、急に現実が明るみになり、辛く悲しい側面が見えてくる。ここで諦める人も多いだろう。
    しかし、その側面を自分を成長させてくれる経験と捉えれば、『憧れ』に向かう険しい道も、ポジティブに捉えることができるのではないか、そのように考えさせられた。

    ○最後に
    笑い・友情・恋愛全てを詰め込んだサクセスストーリーの中に、人生のためになるエッセンスが凝縮されている。
    肩の力を抜いて、楽しみながら読める自己啓発本である。
    3作目も読みたいと思わせられる。

  • 面白かった。
    小説としては面白かったんだけど、前作と比べると啓発本としてはちょっと物足りなかったかも…。
    とは言え、楽しめたので次回作も絶対読む。

  • 数年前に古本屋で見つけた夢をかなえるゾウ。
    言われてみると当たり前のことなのだけれど案外できていないことが多かった。それ積み重ねることでより成功に近づける。実行に移さなかったから今成長していないのかなとも思う。2では1とは違いメッセージ性は弱くなっているように感じる。その分、面白味が増していてすいすい読み進めやすくなっている。貧乏神幸子とのやり取りが通常世界と価値観が違ってて特に面白い。お金を使って与えられる幸せと貧乏でも美づから幸せは作れるしなれる。考え方次第で状況は変わってくる。視点が独特で興味深い本である。

  • 解決出来ないことはない

  • 2015年10冊目「夢をかなえるゾウ2」読了。

    一作目に引き続き相変わらず面白い。2も当然一気読み。自己啓発とユーモアと感動を合わせた作品。思わず最後は泣きそうになった。

    今回は、相変わらずのガネーシャと釈迦に加え、貧乏神の幸子さんも登場する。ガネーシャよりむしろ幸子さんの方がメイン?という感じも。3も出ている(ということに最近気づいたので慌てて2を読んだ)ので、ぼちぼち読んでみようかと思う。

    ーーーーー(以下抜粋)ーーーーー
    (世界の偉人がガネーシャに宛てた手紙)
    私に暴力を振るわせた唯一の方でした。(ガンジー)

    主人公「本を読んだことくらいで何が解決するっていうんですか?」
    ガネーシャ「いや、むしろ本読んで解決せえへん問題なんてあれへんで」

    ダンデミスくんはこう言うてるわー「人の幸福を羨んではいけない。なぜならあなたは彼の密かな悲しみを知らないのだから」

  • 一作目と同じくらい軽く読める。
    特別目新しい事は書いていないけど、どれも忘れてしまいがちで大切な教えばかり。
    最後に教えをエピソードと一緒にまとめてあるのが良かった

  • 【気になった場所】

    本で解決できない悩は無い
    →人間の悩みはいつの時代も同じ

    お駄賃貧乏
    →嫌なことの対価としてお金がもらえると思っている人
    →幼少時に家事手伝いの代わりにお小遣いを貰うと貧乏の始まり
    →アルバイトの時給、会社の給料も同様

    お駄賃貧乏からの抜け出し方
    →お客を喜ばせた分だけお金は貰える
    →人を喜ばせて楽しいと感じる経験をすること

    いろんなことに挑戦する(自由に生きる)には
    ・失敗や恥ずかしいことを積極的に人に話す

    自分が困っているときに、困っている人を助けること

    他人に対する言動は、自分に対する言動でもある
    →相手へのプレゼントが、そのまま自分へのプレゼントになるや

    例)
    貧乏を批判すると、自分が貧乏になったときに「自分はダメだ」と感じる

    感動するために、忘れて来る

    お金持ちになるには愛を楽しむこと
    =他人を愛することを楽しむ
    →人に与え、人から受ける取ること

    成功の秘訣
    →自分の欲求と他人の欲求をぶつけ、お互いが喜べる道を見つけること

    お金持ちになるか貧乏になるかは、心が決める
    →心が変わって、行動が変わって、その結果が世界に反映される

    お金で買える喜びはすべて、他人が作ったもの
    →どんなにつらい状況でも、それを楽しもうとする気持ちさえあれば、人は、自らの手で喜びを作り出すことができる
    →人は、お金がなくても幸せになれる

    成功にも種類がある
    →たくさんの人を喜ばせるだけでなく、一人の人間をたくさん喜ばすことも成功である

  • 最近私はいろいろなことに挑戦するようにしている。
    しかし、毎回いつでも自分の知らないことへ挑戦しようとすると不安や恐怖心から逃げ出したくなる。
    実際、昔はできるだけそういった思いをすることを避けていたため、挑戦するよりも現状に満足していた。
    そんな今、この本を読んでみると
    主人公が、「思い切って不安の中に飛び込んで自分のできる限りのことをしていると、不安はまるで幻だったかのように消える瞬間がある。」と思い直す場面があった。
    ものすごく共感した部分である。

全133件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢をかなえるゾウ2 文庫版のその他の作品

水野敬也の作品

夢をかなえるゾウ2 文庫版を本棚に登録しているひと

ツイートする