新軍事学入門

  • 飛鳥新社 (2015年9月10日発売)
2.57
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864104302

新軍事学入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/1/5読了。今年は今まで全く興味なかった分野を学ぼうと購入。

    ここに書かれていることを全て信用すれば、憲法改正も安保法案も特定秘密法案もポジティブな事として認識できるような気になる。米国の軍事的な考えを基に中国に対する姿勢をとるとどうなるかをかなり具体的に記載している。ただ、これが実行するのに現実的なのかどうかは今の知識ではわからない。
    そもそも、政治家が変われば軍事的な改革もできるかのような記載があるが本当にそうなのか。

    まだ、一読しただけなので今の知識では理解できていない部分が多い。しかし、一回読んだ後の感想は上記のようなものである。

    • lincoln38さん
      この本を読んで思うのは、”自衛隊の基地警備部隊が民法で裁かれるといってるけど、この文脈では明らかに刑法だろうと思うし”と民法か刑法かの討論をしているけど、自衛隊刑法が無いことを問題していると思います。それと”事務官が偉そうな日本の防衛省はおかしい!”と”信じられないほど低レベル”とか書かれていますが、どっちが上だとか下だとかを問題しているのでは無く、防衛省の背広組の存在を問題にしているのだと思います。要はこの方はこの本の意図をわざと避けて、低レベルと物笑いにしているように思われます。
      2017/07/12
全1件中 1 - 1件を表示

小峯隆生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクス シドニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

新軍事学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする