在日の涙――間違いだらけの日韓関係

著者 :
  • 飛鳥新社
3.57
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864104777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 論点があっちこっちに行って、結局なんなんだ。
    日本がうまくヤンなきゃ、それも北を取り込んでというのも判らないでもなく、それが支那を牽制することになるのも判るが、だからって何を認めなきゃいけないんだ。
    徴用は強制連行とは違うと言いながらも、それを認めて、人数ではなくちょっとでもあった事が問題とかいう流れも何度読んでも判んなかったし、慰安婦問題を事実として論を展開するのも気になる。
    在日の立場を考えろというのはあまり考えたことはなかったが、民族意識の高さとか言われた上に、日本を仮想敵国と言い切る存在は、仮に戦争状態になったらどう扱うんだ。
    それでも最後まで読めた本。極めて冷静な感は受けた。

  • 外交のあり方についても考えさせられる内容。

  • 日本でもなく、韓国でもなく、在日という微妙な立場から両国を冷静に分析している。

全3件中 1 - 3件を表示

在日の涙――間違いだらけの日韓関係のその他の作品

辺真一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
古賀 茂明
佐々木 圭一
北野 武
西川 美和
國重 惇史
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする