俺のがヤバイ

著者 :
  • 飛鳥新社
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864104807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々にめちゃくちゃ面白くて笑った。やっぱ才能がある人は全然違うんだなーって思う。
    ゆずの「夏色」のくだりが最高に面白かった。駐車場のネコのポジションで夏色を味わうとか、この人にしかかけないと思う。ぶさいくでかっこわるい人生の中にいる自分を笑いながらも強く提示してくる姿勢は、ほんとうに立派だと思う。
    反面、熱くなっていいことを言おうとしている文章は、お寒い感じ。客観性がなくなってしまうと、つまらなくなってしまう人なのだろう。

  • 情けない。分厚いからなるべくドッグイヤーしないようにしていたのに、唯一していたのが「恋は手にしている時よりも、失った後の方がその美しさに気付ける。だから後悔が増す程に歌は輝く。今はそう思って歌っている。」だった。

    毎日を必死で生き抜く人のつづった本。

  • 笑いあり、涙あり。
    アフロさんの面白いエピソードに思わず笑い、音楽に対する真剣さも伝わってきました。
    この本を読んだことによって、今までのMOROHAの曲もより一層深く味わえるのでは…

全3件中 1 - 3件を表示

俺のがヤバイのその他の作品

俺のがヤバイ Kindle版 俺のがヤバイ 滝原勇斗

滝原勇斗の作品

ツイートする