偶然短歌

  • 飛鳥新社
3.35
  • (2)
  • (9)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 103
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864105064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 五七五七七の音は気持ちがいい。
    テンポもいいし、心に響くものがある。
    たとえそれが偶然であったとしても。
    本書はそんな偶然できた短歌を見つけ出すプログラムで見つけ出された「名句」たちだ。
    今回その対象となったのはウィキペディア。
    怪しげな、時に詩的な短歌たちを御覧じろ!

    「人物が あなたが出した質問に 答えることは 期待できない」
    ここでなぜかBON JOVIが登場している。
    なぜだ。いや、私はファンだけれども。
    来日公演のたびに次来るまでには英語のMCを聞き取れるようになりたいと思っているが、それは「期待できない」......。

    「先端が 少し突き出し、革質で 深い緑色、ややつやがある」
    フカイリョクショク.....なんだ。
    答えは、南天!
    変なものじゃ、ないよ!

    「念仏で 救済される喜びに 衣服もはだけ 激しく踊り」
    なんだ一体!
    答えは、盆踊り!
    そんな激しく踊るもんだったのかアレは。

    偶然短歌は少しずつ読んで笑うことをオススメする。
    一気に読むと笑いが弱くなる。
    しかしながらもしかしたらこの中にあなたの人生を変える一首がある、かもしれない。

    末尾になるが、著者は「いなにわ せきしろ」だと思っていたら「いなにわ」さんがプログラマーで「せきしろ」さんが選、文章だった。
    藤子・F・不二雄とか室山まゆみみたいなものか。

  • 面白かった~!!
    すごい発想ですよね。wikiに短歌がてんこ盛りなんて、誰も考えなかったんじゃないかと。
    いかにも短歌っぽいし、深いものがあったりして無作為とか偶然とかにしては出来過ぎてるのが楽しかったです。

    部活とかコンクリートとかピクミンが爆笑でした!ドンキもリズム感がありえないほど美麗(笑)
    せきしろさんの一言も鋭くて…!

  • 「暗殺を志してか、淀川に船を浮かべて日が暮れるまで」がおかしくて笑った。

    あとピクミンのウィキから選ばれたワードもあってそれも面白かった。あらゆる文中から57577の短歌のリズムをくみ取って「偶然に短歌」を作れるプログラムで選抜された短歌。いつかAIがわびさびを理解して人よりも優れた短歌を詠む日が来るのかもしれない。

  • いなにわ氏の作ったウィキペディアの記述の中から短歌の形をとる文章を抜き出すプログラムから生まれた偶然短歌に、せきしろ氏が解説をつけた本。
    短歌について詳しいわけでは全くないけど、もともと短歌のリズムが好きで、加藤千恵や枡野浩一の本が大好きだった。だから偶然短歌botもフォローしていたのだけどまとめた本があったとは。なんとも言えない哀愁と美しさがあるんだよなあ。そこについた解説がさらに面白くて、爆笑しつつ感心もした。

  • いなにわさんの作った、
    「普通の文章の中から57577を無作為に切り取って
    短歌として抜き出す」
    というプログラムを元に、
    Wikiを材料に生まれた、
    膨大な短歌の中から100首を選りすぐり
    せきしろさんのコメントを付けてまとめた本。
    視点が面白くて、実際選ばれた短歌も味わいがあって楽しい。
    これコメントいるのかなあと。
    ツッコミや、そこから妄想を広げる形、
    内容と出典のギャップを突くのは面白いと思うけど。
    「ときに偶然短歌は○○の事実を教えてくれる」
    ってわりと出てくる言葉なんだけど
    これ元ネタがWikiだし。
    文章が途切れているかたちで切り取られた短歌も
    そのまま文章が途切れてると考えて、
    前後を気にするコメントが多いのも不思議で。
    むしろ倒置法とか体言止め的に完結したものとして
    味わう方が面白くないか?と思ったり。
    元の文章の一部なのに別物、というのが
    このプログラムの、「偶然短歌」の、肝なんじゃないの。

    あとがきを読むと、依頼されてのコメントだったようで、
    自身でも苦労しているのが分かりました。
    読んで面白いと思うかどうかは、
    せきしろさんとセンスを共有できるかどうかなんだと思います。
    私は、ちょっと合わないようです。

    Twitterで「偶然短歌bot」というのがありましたが、
    横書き改行なしだと、空気感が出てこないですね。
    やはり余白たっぷり、縦書き、(ときに改行)ありのほうが
    想像をかきたてられます。

  • 高橋源一郎氏の『お釈迦さま以外はみんなバカ』より。
    ウィキペディアから短歌のように五七五七七になる文章を機械的に見つけ出すプログラムを作ったいなにわという人とせきしろさんによる著作(?)
    アイデアの思いもよらぬバカバカしさが素晴らしいと思う。
    そして、ウィキペディアからできている当然本書の偶然短歌のところはCC BY-SA:表示-継承 なのだ。

  • 機械的な文章に表れる人間ぽさ。
    「物質と還元される物質があってはじめて酸化還元」

    「少量か逆に非常に大量のコンクリートを必要とする」

    「その人の読む法華経を聞きながら眠りについて、そしてそのまま」

    「ある道を右に曲がれば東大で、まっすぐ行けば公園なのね」

    「小説を書き始めるが、そのことで、大事なものを失っていく」

    「性格の不一致などの問題を抱えながらも、流されるまま」

  • Twitterの偶然短歌はみたことがなく、短歌好きの夫にと、クリスマスプレゼントとして選んだ本です。
    これは本当に1000円以上の値段をつけるほどの価値あるものか、と思う一方、短歌づくりに頭を悩ませ、もう言葉そのものの意味さえわからなくなった!という人が読めば、ちょっと初心に帰ることのできるのかな、とも思います。単純に言葉を57577のリズムにのせれば、こんなにも詩的で、情緒あるものになるのかと。
    図書館にあれば、面白半分で読んでもよい本です。

  • Wikipediaにあふれることばのなかから、プログラムが抽出した偶然の57577。
    どこで切れば57577か直感的にわからなかったものもあったが、なかなか深くておもしろかった。
    接続詞のおかげで57577になるのも妙でおもしろかった。

  • 日本人は何となく、「57577」の音に心地よさを感じてしまうのだろうなと思った。
    偶然の羅列で音数が揃う。
    プログラミングで検索しているため、文章本来の意味を無視した切り取られ方をしており、想像力を掻き立てる句もある。
    「ここを抜き出してくるなんて…!」と思わずにはいられない。
    人間にはできぬ業だろう。
    句に添えられているコメントにもクスッとさせられる。
    難しいことを考えず、隙間時間に読むのに最適な一冊。

全12件中 1 - 10件を表示

偶然短歌のその他の作品

偶然短歌 Kindle版 偶然短歌 いなにわ

いなにわの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
塩田 武士
恩田 陸
又吉 直樹
柚月 裕子
ヴィクトール・E...
宮下 奈都
本谷 有希子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする