残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

制作 : 橘玲  橘玲  竹中てる実 
  • 飛鳥新社
3.90
  • (65)
  • (81)
  • (49)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 1128
レビュー : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864105750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世間で言われている成功に関して科学的に解析し、世間で言われている常識に対する洞察をまとめた本
    ネットワーキングに関してやエリートコースが世間でいう成功に対して必要なのかを
    文献、専門家への調査を経て、コメントを書いている
    個人的には参考になる部分もありつつ、あまりとらわれる必要性はないなと総論感じた
    と言うのも、仮に成功した場合は、巷の常識に対して当てはまっているか否か、一つの事例が増えるだけであると言えるから
    ただ成功の確率の上昇もしくは、個人的に失敗したと思っている事例に対して背反的な洞察もあるので
    挫折した時に読むのが良いかも知れない

  • 成功法則をエビデンス(根拠)ベースで検証したもの。出典は米国の人気ブログの翻訳。但し、仕事の成功と家庭円満は両立しないので注意。成功を手にするために、幸せへの鍵である大切な人間関係を犠牲にしている。仕事に当てる1時間は家族や友人と過ごせなかった1時間であり、ここには機会費用があてはまる。

  • 長い
    序文はめっちゃよかったけどいざ読むと微妙で流し読み

  • 話題書らしいので気になって、無理しつつ頑張って読みました。正直、内容なのか文章がなのか、それとも自分に合っていないのか、読みづらかったです。
    多くの方がこれを読破しているのだとしたら、皆さんすごいなと思いました。

    初め〜3章末までと、BCGの例〜最後まで、を読みました。

  • 参考文献リストが充実したエンタメ本。
    期待しちゃいけない。

  • 本書は「成功」するために証明された方法を紹介する本です。
    ひと言で言えば、正論は必ずしも正しくないがだいたい正しい、といった感じです。

    これまでの成功法則が間違っているという序文から始まり、それをエビデンスで証明するというスタンスをとるが、その結果正論がだいたい正しそう、という正論の追随でしかないという酷いオチ

    つまり、結局のところ、
    ・学歴よりは自分の強みを活かす環境を選ぶ
    ・いい人は長い目で見れば成功する
    ・継続はほどほどに
    ・人脈よりは個人の絆
    ・自信は必要で、それには小さな成功を積み重ねる
    ・幸福感、達成感、存在意義、育成の四要素について十分と思える目標と、その達成のための努力が大切
    ということ。

    「橘玲が太鼓判」との帯で購入したが、、自分的に橘玲氏の評価を著しく下げただけで終了。

  • この著者には温かみがない。
    古い思想。2016年以降の世界にはあてはまらない。

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学するのその他の作品

残酷すぎる成功法則 Kindle版 残酷すぎる成功法則 エリック・バーカー

エリック・バーカーの作品

ツイートする