百田尚樹 永遠の一冊 (『月刊Hanada』セレクション)

制作 : 月刊Hanada編集部 
  • 飛鳥新社
3.33
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864105866

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 似非右翼にだまされてはいけません。この手の書籍の場合、まず著者がどんなバックグラウンドを持っているのかを読者はよく調べなければいけません。『殉愛』をめぐる係争からわかるように、やしきたかじん氏らとの濃厚な関係から、済州島人脈との関連が透けて見えるのです。済州島人脈とは桜井誠氏らのように、いわゆる「似非右翼」側の人間です。そして似非右翼とは、実は北朝鮮人脈です。沖縄県民が百田を追い払いたければ、金正恩氏を踏み絵にしてみるとおもしろいかもしれません。いつものように口汚く罵ってもらいましょう(笑)


    あと彼の反米はフェイクです。その証拠がこの書籍であり、自主防衛を棚に上げて、在日米軍を擁護しています。そもそも尖閣問題の根源は日米繊維交渉であり、アメリカが原因であり、沖縄では中国というより台湾の工作員(保釣同盟)の影響が大きいと感じます。そして対立を煽るように、あるいは沖縄を分離させるように、東京では台湾ロビーや統一教会(済州島人脈)が活動しています。
    中国はアメリカ了解のもと、あるいはアメリカのために、尖閣諸島に軍事的圧力をかけています。なぜなら、尖閣諸島とはアメリカ軍の射撃場で、アメリカ軍基地なのですから。

    逆説的ですが、ここまでアメリカ軍基地があるのに、中国の侵攻が止まらないのですから、核武装や自主防衛に切り替える議論が必要です。もちろん百田氏らは絶対に本気でその方向に話を持って行きません。彼らの日本人としての愛国心はフェイクなのですから。

  • 奇才ですな。人間的に興味がつきないです。

  • 特集とはいえ、雑誌を最初から最後まで読んだのは百田尚樹永遠の一冊 月刊Hanada セレクションが初めてです。百田尚樹作品同様に次のページをめくるワクワクが続きました。百田さんの魅力が満載です!ご家族のお話は電車の中で肩を震わせて、笑いを堪えるのが大変でした∵ゞ(≧ε≦● )プッ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

百田 尚樹(ひゃくた なおき)
1956年生まれ、大阪府出身の放送作家・小説家。『探偵!ナイトスクープ』の放送作家として活躍。
50歳の時にはじめて執筆した『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。ヒット作となり、映画化されている。
ボクシング青春小説『ボックス!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。『海賊とよばれた男』で2013年本屋大賞大賞受賞。コミック化、映画化された。

百田尚樹 永遠の一冊 (『月刊Hanada』セレクション)のその他の作品

百田尚樹 永遠の一冊 Kindle版 百田尚樹 永遠の一冊 百田尚樹

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

百田尚樹 永遠の一冊 (『月刊Hanada』セレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする