今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】

著者 :
  • 飛鳥新社
4.07
  • (30)
  • (44)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 399
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864106825

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 百田尚樹『今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~』飛鳥新社。

    嫌韓ノンフィクションのベストセラー『今こそ、韓国に謝ろう』の文庫版。文庫化に当たり大幅に加筆。

    久し振りの百田尚樹。Twitterで過激でおかしな発言が目立つようになってからフォローも外し、作品への興味も失せていたのだが、本書はどうだろう……

    どこまでが正しい事実なのか解らないが、皮肉めいた百田尚樹の主張には大筋で賛同できる。

    戦争という悲劇の中、日本が大韓民国を併合し、韓国の殖産興業と近代化に手を貸した35年間は同時に韓国の伝統や文化を破壊し続けたので、その点については謝罪した上で、韓国とは訣別しようというのが百田尚樹の主張である。まさにその通りである。従軍慰安婦に徴用工、竹島問題にレーダー照射の暴挙、スポーツ界での反則行為とモラルの欠片も何も無い。

    日本を毛嫌いしながら、日本の文化を模倣し、日本に大挙して押し寄せる恐ろしいまでにマナーの悪い韓国人という大いなる矛盾。最近のニュースでも、韓国籍のタレントが女性を暴行したり、韓国人が銃を発砲したりと嫌な事件が多い。韓国は非常に厄介な国であり、最近の日本に対する異常な態度を見ると付き合うべき国ではなく、即刻国交断絶、在日韓国人は国外退去すべきというのが自分の考えである。

    • kitanoさん
      いつも勝手に読書本を参考にさせてもらっています。本書は未読ですので「また参考」にしますが、併せてなどコメント失礼します。
      シナと大陸の「通り...
      いつも勝手に読書本を参考にさせてもらっています。本書は未読ですので「また参考」にしますが、併せてなどコメント失礼します。
      シナと大陸の「通り道゛韓”」が、門番なのに権威者気取りで日本に迷惑をかける構図が日韓問題と受け止めています。
      門番の性格・姿勢が問題を起こすポイント?
      側用人柳沢吉保・間部詮房・田沼意次ら「門番」も周囲に悪印象しか残さなかったのもうなずくところかと。
      「北の宗主」様に傅く文大統領を非難する一方、「日本の宗主国トランプ大統領」の外交官を立派に努めている阿倍総理大臣を百田先生が崇め奉る構図。
      意地悪な気持ちが脳裏に浮かびました。
      2019/03/17
  • お詫び付き離縁状とも言われているらしいけど好き嫌いは別にして、日韓関係に於ける韓国を知る為のひとつのよすがになった。面白く読めたけど十把一絡げに決めつけるのは如何かなぁとも思う。百田さんが言うように、この著作が英訳と韓国語訳で広く拡散する日が早く実現すると良い。逆説的に煽る百田節は健在でした。

  • 韓国人の神経を逆撫でするような書き方は良くないと思うけど、この本に書かれている事が事実で証拠があるなら、世界中誰でも自由に見る事ができる形で、日本政府が開示するべきだと思う。

  • この本を読むと、最近の韓国の嫌がらせがわかるような気がします。そういう考え方するんだって。韓国人が教科書として読むといいかも。でも、こんなの嘘だ!って言うに決まってるか。

  • これはっ!

    にしても台湾と朝鮮でこうも違うものか。

  • 韓国と日本の関係について非常に皮肉を交えた書き方をされた本です。知識を得る上では非常に読みやすい本だと思いました。

  • 面白かった。韓国の歴史や文化を詳しく知らなかったので、日本とのあまりの違いに驚いた。

  • 少々過激な表現がありますが、戦後卑屈になっていた日本人が、見方によっては韓国の発展に寄与したり、植民地にされたアジアを解放したりと、日本人として誇りを持って堂々と生きて良いのだと感じました。

  • すっっっごい悪趣味な形で韓国との話を書いている内容だったけど、面白かった。知らないこともあったし。
    悪趣味なところが笑わせてくれるんだけど、そもそも読みやすくて理解しやすいので一読の価値ありかと思う。

  • ●全国に小学校を作り、ハングルを採用。15世紀まで自国の言葉を表す文字を落ちませんでしたか、世宗が作らせた。36年で立てたすべての公立学校のソースはご専攻近くになります。また22の師範学校まで作りました。また6番目の帝国大学(7番目は台湾)阪大や名古屋大学はこの後に作られたものです。
    ●併合まで、両班を始めとする凄まじい身分階級制度が存在していた。撤廃後も出自で差別される人もおり、日本へ移動してきた人もいる、奴隷は約3割程いた。ただ子供を産むためだけにいる奴隷も存在した。そして両班という特権階級制度が、朝鮮の災いの元だった。
    ●韓国が未だに日本に劣っているのは、併合時に「7奪」(7つのものを奪った)したからだと言われている。
    ●日清戦争の勝利後、清と結んだ下関条約の第1条が「朝鮮の独立を清に認めさせる」と言うものでした。朝鮮に初めての主権を与えたのだ。そこに新たな大国ロシアが接近。不凍港狙って侵入して、その後日露戦争に突入。しかし近代化が遅々として進まず、中国、ロシア、日本の中から宗主国として日本を選んだのは朝鮮の意思であった。
    ●高宗の死後起こった三・一独立運動は単なる騒擾事件と呼ぶべき小さな事。死刑等の重い罪は皆無、ただし500人もの死者を出している。
    ●併合時、日本がハングルを使うことを推奨した所為で漢字文化が廃れてしまった。全部ひらがなで書かれているようなもので、意味が理解しがたい。昔の書物が読めなくなる。
    ●併合時まで姓がなかった人たちが多く新しく戸籍を作り姓を与えた。新たに登録する際に両班に多かった名前にしたため、現在の韓国人の「金」「朴」「李」の3つが約半分を占める。
    ●日本人の名前を名乗ることを禁じていたにもかかわらず、日本名を名乗る朝鮮人が多かったのは、日本人のふりをした方が良いと考える朝鮮人が多かったと言うことだ。その後の創氏改名で強制的に名前を変えられたと誤解している人が多いが、強制なら2割の人が朝鮮名のままの筈が無い。自由選択の結果と見るべき。
    ●日本内地にいた朝鮮人が100万から200万に増えた。70万が自由渡航と出生による増加。30万が募集に応じて渡来した数。6カ月の徴用で増えた人は僅か、強制連行ではない。しかも徴兵は免除されていた。
    現在、日本に住んでいる在日韓国朝鮮人の祖先の99.5%以上の人は、自由意思で日本にやってきた人たちです。残りの0.05%以下の人も「戦時徴用」であって、強制連行ではありません。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『クラシック 天才たちの到達点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百田尚樹の作品

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】を本棚に登録しているひと

ツイートする
×