わたしは繊細さん まんがでわかる! HSPが自分らしく生きる方法

著者 :
制作 :   
  • 飛鳥新社
4.00
  • (22)
  • (29)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 352
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864107914

作品紹介・あらすじ

30万部のベストセラー『「繊細さん」の本』が待望のマンガ化!

27歳のOLを主人公にしたストーリーを通して、
HSP(とても繊細な人)の特徴が理解でき、日常生活でありがちな
場面でどう対処すればいいかまでわかります!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろんな所で耳にするようになった「繊細さん」ことHSP。
    自分の行動に心当たりもあって、気になったので読んでみました。
    「1人の時間がないと、しんどい」
    「周りに機嫌の悪い人がいると消耗する」
    あれ?私も「繊細さん」だったのか?
    もっと勉強したくなりました。

  • 繊細さん、最近よく見かけますね。
    私も時折繊細さんの特徴に当てはまることがあるので、読んでみました。

    よく感じるのが、相手の機嫌や場の空気を必要以上に気にしてしまうこと。気にする側としては気にしない人がいるの?気にしないでいられるの?と思ってしまいますが、意外とさらっと流して良いものなんですね。
    周りに流されることも多いですが、「自分はどうしたいか」と考えることを忘れず、自分の軸を太くしていきたいです。
    繊細であることは自分の弱さのように感じますが、強みにもできるはず。
    強みにして、自分も大切にして、そして周りの相手も大切にしながら生きていきたいと思いました。

  • HSPさんのお特徴を分かりやすく持った方だなぁって最初思いました。読みながら、「私もあるな~」と共感するところもあれば、「ここは私と違うんだな~」と感じるところもあって、楽しかったです。会社でもプライベートでもHSPな部分は変わりません。武田先生が出てきた時には驚きました。カウンセリングを受けながら自分を見つめて行動している主人公が、私は好きです。


    お話の中にも出てきたセミナーがもし行ける距離にあるならば、参加してみたいです。出来れば、自分がHSPの特徴があるかどうかだけでも知りたいと思う様になりました。

  • 武田先生に、わたしの悩みを聞いてもらっているかのようなまんがだった。

    本音を大切にしはじめると、人間関係の入れ替わりが起こる。

    小さな本音を大切にするところから始める。

  • 5人に1人はいると言われているHSP(繊細さん)。
    漫画で言葉遣いや表情の書き方、絵のタッチが柔らかく、読んでいて疲れなかったです。この本を読んで知ってよかったことが沢山ありました。この本を読めば繊細さんは絶対共感しますし、HSPではない方が読んでも価値観が広がると思います。おすすめです。

  • ●一番簡単なのが、誰かとご飯やお茶に行った時「それおいしい?」と聞いてみる方法です。予想って意外と外れているものなんです。
    ●誰かを「嫌い」ってはっきり思ったことありますか?「嫌い」は生きていく上で大切なセンサーです。嫌いを封じると、自分で相手との距離感を調整することができません。相手をかばったり無理に好きになろうとしなくてもいいんです。
    ●配慮をすることが当たり前の人からすると、周りの人たちは配慮に欠けるように見える事があります。配慮する力にも個人差があります。まず相手がこちらの状況に気づいているか?という視点で。ただ気づいていないだけかもしれない。
    ●「私はこうしたい」をどれだけ大切にできるか?
    ●いち早く手助けしてしまうため、本人は問題があると気づかないこともしばしばあります。つまり先回りして助ける事は、相手を助けているようで、かえって成長を妨げてしまったり同じ問題の繰り返しを助長するようです。まずは手出しも口出しもせず、見守ることが必要です。
    ●我慢をやめて自分を満たすと、温かい気持ちとエネルギーが湧いてきます。
    ●繊細さを「良いものだ」と受け止める事は、自分を肯定することにつながります。

  • やわらかな雰囲気の絵の漫画で分かりやすく、HSPへの理解が深まる漫画。
    まずはここから、繊細さんってどんなひと?を知るきっかけにするのも良さそう。
    とっても共感しました。読んでよかったです。

  • 「繊細さん」、HSPというワードをよく見かけるようになり、自分自身もHSPであることがわかりました。
    今まで「気づきすぎ」「気にしすぎ」と言われることが多く、「私がおかしいんだろうか」と思ったこともありましたが「繊細さは、いいものだ」ととらえ直しました。
    ストーリーの中で具体的な対策が述べられており、わかりやすくかつ自分に落とし込みやすい内容になっていて非常に読みやすかったです。

  • ストーリー展開の中に、大事なポイントもちゃんと入れていて、わかりやすく読みやすかった。

    ⭐︎「私はこうしたい」をどれだけ大事にできるか。

  • とても分かりやすくて、読みやすかった。
    自分も繊細さんなのかなと思った。当てはまる苦しさがいっぱいあって、解決方法がわかってよかった。

全24件中 1 - 10件を表示

武嶌波の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
宇佐見りん
瀬尾まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×