長新太おはなし絵本2キャベツくんのおしゃべり (長新太のおはなし絵本)

著者 :
  • 子どもの未来社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864121040

作品紹介・あらすじ

「キャベツくんのおしゃべり」「ゾウのオジイサン」「こうえんのすなばであそびましょ」の3話を収録。読めばだれでも笑いだす。とびきりおもしろくて、ナンセンスな動物たちのお話。*ひとりで文字をおぼえるようになったお子さんにピッタリの本です。*親子のよみきかせにも。お子さんの笑顔とわらい声がはじけます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「キャベツくんのおしゃべり」
    キャベツの話し相手をしてくれる猫のモモヨはやっぱり好き。

    「ゾウのオジイサン」
    耳の悪いゾウのお爺さんは小鳥やカエルの歌声を楽しむ。

    「こうえんのすなばであそびましょ」
    公園の砂場から遠くから泳いできたゴリラが出て来る。
    お母さんにそっくりな人形を沈めている。
    猫のタマザブローが晩ごはんよ、と呼びに来る。
    シュール…。
    お母さんの運命やいかに…。

  • 書名と同じお話はキャベツが友達の猫とのことを語る。「ゾウのオジイサン」に出てくる鳥と蛙の鳴き声部分をスラスラ読めないのがじれったいらしく、その部分だけ娘が代読。

全2件中 1 - 2件を表示

長新太の作品

ツイートする