-HOME-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス) (いち・ラキ・コミックス)

著者 :
  • 冬水社
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864230094

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新連載。前作に比べると、まだキャラが定まってない感が。次巻に期待。

  • あれ?意外と面白かった。獣の王国がほんっとーに!ダメダメだったので全く期待せずに読んだら意外と。出発点が低かったのと耐性が出来てたってのは大きいかも。
    やっぱり最初は相変わらず唐突で、いきなり初対面なのにお前はお前のままでいいとか、まぁ今回は前からメディアで知ってて憧れてたって下地があったからぎり耐えられたけど、いきなり身の上話しだしたりとか、そしてやっぱり全部言葉で説明しちゃうのがかなり残念だなぁと思いながら読んでました。獣の王国に比べたら大分マシだったので読めたけど。でも読んでるうちに段々主人公と嵐がかわいくなってきて最終的には面白かったです。萌え勝ちかも。萌えの力って大きいですね…。萌えてしまったのでなんか、全部、結構ある話の粗ももういっかなと許せてしまった(笑)本当はそんなのもない方がいいに決まってますが。ベタに男子5人の男子寮ものであからさまにあからさまな話の展開にノリ。で最初あーって引いたんだけど。そこすらももういいやっていう。だって男子高生が他の4人の男子高生の庇護欲を掻き立てて愛されるなんておかしいおかしい。出会ったばっかだから!みたいな。皆のマスコット的愛されキャラとかね。あ、結構嫌われそうなタイプの主人公かもですね。犬全開でわんこキャラ好きとしては萌えてしまいました。ていうか主人公もだけど他のわんこがね、かわいい。取り合っちゃってまぁ。それを見守る母2人。全員男です。一応一般だけどBL耐性ないときついと思います。べったべた抱きつくな抱え上げられるなBLじゃないんだからありえないでしょおかしいでしょ大好きです。え。
    あ、判った導入が下手なんでしょうね。話の導入もだけど人間関係の構築部分。雑というかすっ飛ばし。獣の王国はそこが酷すぎたんで無理だった。あと直球すぎて寒い。これは獣はもっと酷くなってた部分。言葉の安売りで真摯さが薄い。悪い方向にばかり進化してるのですかね。
    事故って一年でもう動かないて言われた手がバスケ出来る程になるものなのですかね。そこら辺はよく判りませんが少し気になりました。
    ☆4くらいには萌えたけど上につらつら書いた辺りで3。

全2件中 1 - 2件を表示

杉原マチコの作品

-HOME-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス) (いち・ラキ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする