福島原発難民―南相馬市・一詩人の警告 1971年‐2011年

著者 : 若松丈太郎
制作 : 若松丈太郎 
  • コールサック社 (2011年5月10日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864350242

福島原発難民―南相馬市・一詩人の警告 1971年‐2011年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 南相馬市に在住の詩人 若松丈太郎の詩集。

    原発の近くに住みながら20年に渡り、原発の危険性を詩で表現して来た。そしてそれが残念ながら事実に。

    詩人の感性ならではの警告は、事故後の今も心に突き刺さります。

  • 福島県立相馬高校放送部の演劇「今伝えたいこと(仮)」を通じて、この本を知った。

全2件中 1 - 2件を表示

若松丈太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
粟野 仁雄
有効な右矢印 無効な右矢印

福島原発難民―南相馬市・一詩人の警告 1971年‐2011年はこんな本です

ツイートする