我が一家全員死刑 福岡県大牟田市4人殺害事件「死刑囚」獄中手記 (コア新書)

著者 :
  • コアマガジン
2.90
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864367141

作品紹介・あらすじ

2004年9月に発生した本事件は容疑者が親子4人だったことに加え逮捕後もショッキングな場面が続き、世間の耳目を集めた。拳銃自殺未遂した父、地検から脱走した長男、「メリークリスマス!」と法廷で叫んだ次男・北村孝紘-死刑囚が生々しい事件の真相を綴った戦慄の獄中手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「全員死刑」
    公開日:2017年11月18日

    キャスト:間宮祥太朗、六平直政、入絵加奈子、毎熊克哉、清水葉月、鳥居みゆき
    監督:小林勇貴
    http://shikei-family.jp/

  • そろそろ犯人の告白系は、面白くないに気づこう。背景が知りたかったものの、自分勝手すぎてなんだかなー

  •  人殺しの様子があまりにリアルで、リアルな分驚くほど安っぽくて、創作ではとてもではないけど思いつかないし、創作だとしたら逆に嘘くさいほどであった。家族のほかの人の証言もぜひ読んでみたい。

     殺人犯の彼女がすごく健気でかわいらしかった。

     こんな一家が近所にいなくて本当によかったし、今までテキサスが怖かったけど九州も怖いから行きたくなくなった。新潟も監禁事件や殺人事件はあるのだが、こんなに怖くない。

     『孤高の遠吠』の小林勇貴監督がカナザワ映画祭で、鈴木智彦さんとの対談の際に大絶賛していたのでずいぶん前に買っていたのをようやく読んだらとんでもなく面白かった。

  • 兄と両親に命令されるまま、四人を殺した人の手記
    サディズムの快楽に酔ってみたり
    家のために自分の手を汚すという、武士道的ナルシズムにひたったり
    自己保身しか考えてない兄のことを心の中でバカにしたり
    いろいろ書いてるが結局のところ
    家族の言いなりでしかない自分をごまかしてるようで
    少しもの悲しくもある

    事件の全容を、この一冊でつかむことは難しい
    けれども要はカネだ
    自分たちは他人の欲望のために使われているのではない
    カネのために動いているんだという
    転倒したプライドがその根底にあると、僕は思った
    その意味でやはり似たもの一家なんだろう

  • まあ、なんというか、ヤクザもんの論理は論理として一般常識とはかけ離れすぎて理解しようにもしようがないんだけど、そこに生まれ育ってきたらそれが当たり前の倫理になってしまうんだろうな。弱肉強食、徹底した縦社会。自分より弱いものには強く、強いものにはへりくだるあたりがいかにもヤクザ。後悔しろとか、反省しろとか、そもそも親がこういう教育をしているのにどうやってしろというのか。

  • 単純に手記としては面白かったけど、ルポタージュとしてはもっと犯人の内面に踏み込んでほしかったなー、とも。なぜこのような人間がこのようなことをするのか、という部分を知りたい。

全7件中 1 - 7件を表示

鈴木智彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
黒川 博行
村田 沙耶香
恩田 陸
J・モーティマー...
横山 秀夫
今村 夏子
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする