なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか? (コア新書)

著者 :
  • コアマガジン
3.45
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864367950

作品紹介・あらすじ

とんねるずとダウンタウンを最後に、カリスマと呼べるような芸人が現れていないのではないかと思う。お笑いとは、何よりもまず宗教的な熱狂だ。笑いという発作を生み出す古典的な呪術だ。宗教としてのお笑いを司る才気走った天才だけが、カリスマ芸人と呼ばれる。本書では「とんねるず(石橋貴明)=ヤンキー的」であり、「ダウンタウン(松本人志)=オタク的」という対立構造の概念を提唱したい。今なおお笑い界のトップに君臨する2組の歴史をたどりながら、お笑いの30年史を紐解いていくことにしよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 80年代のテレビは面白い。
    その空気感を久しぶりに感じた。
    この本は、芸人、とりわけとんねるずとダウンタウンにフォーカスしているが、その活躍の舞台の中心はテレビである。
    コンテンツと消費者との関係が複雑化し、テレビがメインにならなくなったとき、芸人の意味合いはどう変化してゆくのか。

  • ダウンタウンととんねるずの全盛期を知らない自分にとって、知らない情報が多く、新鮮だった。特に、とんねるずはほとんど見てきていなかったので、80年代に天下を獲った時代のエピソードがひとつひとつ面白かった。

  • とんねるずが好きなので。

    著者さんがとんねるずとダウンタウンがすごい好きだっていうのはわかったけど、とんねるずは石橋木梨、ダウンタウンは松本浜田の二人で成り立っているわけだから、今回のような片方だけの書き方は好かん。
    なぜ仲が悪いと言われるのか、については最後の最後にしか書かれていない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

おわライター/お笑い評論家。お笑いに関する取材、執筆、イベント主催、マスメディア出演など、多岐にわたって活動。現在、お笑いムック『コメ旬』(キネマ旬報社)の編集長を務める。

「2013年 『バカだと思われないための文章術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ラリー遠田の作品

ツイートする