岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コア新書)

著者 : 鶉まどか
  • コアマガジン (2015年8月3日発売)
3.62
  • (5)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864368087

作品紹介・あらすじ

元サークルクラッシャーが暴き出す現代の"歪んだ"恋愛市場。

岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いけどタイトルは
    ミスリーディングかな。
    サークラのこと知らなかったので楽しめました。

  • サークルクラッシャーという存在を知った 恋愛における心理も参考になる

  • 人々の承認欲求について言及した本。恋愛という実例から考察をしていく様は読んでて楽しかった。
    前半は筆者の体験談とか、それこそ筆者本人の承認欲求を満たすための文章なのかと思い、結構読み進めづらかったが、各人の恋愛との向き合い方を描き、一見「人を愛する」ということに見える行動が、「自分が愛されたい」だけであるということにすぎないということを見出していた。実際そうかもしれないけれども…。最終的には、「相手がどう思うか」を意識して行動できれば、自分の承認欲求の問題は避けられないにしろ、それでよい気もする。
    「サークラ」という言葉の響きからは伝わらない、筆者の、「恋愛弱者」に対する思いやりがこの本にはつめられていたように感じた。

  • コストをかけずに承認欲求を満たされたい、ってのが根幹にあるのかなぁと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

鶉まどかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
みうら じゅん
パオロ・マッツァ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする