ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか (コア新書)

著者 :
  • コアマガジン
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864368728

作品紹介・あらすじ

猫がなぜカワイイのか。理由など無い。猫のかわいさは絶対だからだ。猫がカワイイことに理屈を求めてはいけない。しかし、猫を溺愛する社会には意味があることを筆者は発見した。と同時に、犬を溺愛する社会には、猫を愛する社会と対極の意味を持つことも筆者は発見する。ヒトラーは犬を溺愛したが猫を無視した。ナチスはドイツ人に犬や狼のあり方を理想として強制した。これは単なる偶然ではない。猫と犬、この二つの似て非なる生き物を巡る人々の嗜好は、そのまま社会の特徴を現すシンボルなのである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬好きに怒られっぞw

  • なかなか興味深い考察だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

評論家

「2015年 『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古谷経衡の作品

ツイートする