だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ

  • 日本医療企画
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864392877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、「医療現場を支援する委員会」の方々。
    感想。「誰でもわかる」「医療現場のための」と副題をつけてるが、あまり頭に入ってこない。読み手のターゲットがよくわからない。
    備忘録。
    ・患者数=人口動態×疾病構造の変化(=疾病発生量)。
    ・日本の医療システムの特質、国民皆保険制度、自由開業制、フリーアクセス(保険証があれば誰もが受診できる)、出来高払い制度。
    ・厚生行政は、医療法改正と診療報酬改定で業界をコントロール。
    ・7対1看護。
    ・放射線治療スタッフも足りない。
    ・診療報酬の仕組みが細かく記載されている。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:498.163//Ki39

全2件中 1 - 2件を表示

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマのその他の作品

木村憲洋の作品

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマを本棚に登録しているひと

ツイートする