やがて、藍になる (マーブルコミックス)

著者 :
  • ソフトライン 東京漫画社
3.54
  • (18)
  • (45)
  • (49)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 377
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864420297

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少しもはみ出てはいけない感じと、深い紺に染められた爪が美しい話だった。タイトルいいですね

  • 藍職人の義兄弟の話。
    好きだ嫌いだというはっきりしたやり取りはなく、流れる静かな空気がたまらないです。

    えすとえむさんの著作を初めて読んだのは「うどんの女」でしたが、絵は本当にとても大好きなのに話が入ってこなかった記憶があります。
    この話も絵も雰囲気も好きだし、そこそこ盛り上がりもあるのですが、何故か入ってこない。自分にとって決定的な何かが足りないのだと思うのですが、それが分からずにおります。
    絵はため息出る程好みなのに。

  • 藍染め職人の作業とか細部がわりとしっかりと描かれていて、世界観にリアルな感触があります。
    だからなのか、BLファンタジーが馴染まないような気がしました。
    同じ家で育った義兄弟に恋愛感情を抱くとか、性的指向を簡単に乗り越えて肉体関係を持つとか。
    それとも兄弟両者ともゲイ、もしくはバイセクシュアルなのかな?
    大青の切ない片想いぐらいが好みだったかも。

  • 藍染工房の義兄弟。大青がなかなかセクシー。贅沢をいえばもっと浴衣や着物が出てきてくれるとよかったな。そして男体(手の描写はたくさんあったけど)。だってえすとえむさんの描く和服と男体が好きなんだもの。中学生のプールの話すき。

  • 藍染めが学べるホモ。
    兄弟でいるか恋人でいるかって話。
    ムズカシイナア。

  • 映画的と評される通り画が綺麗でアングルや画面の構成を通した心理表現が巧みだなと思った。
    ただ作品をの評価基準が笑えるか笑えないかと萌えるか萌えないかに重きを置く俗的な私には少し物足りなかった。

  • この人にしては珍しい(?)日本が舞台で題材も藍染職人で純和風。おさえめのトーンで、もはやジャンルはBLとはいえ純文学の域。

  • 藍染め工房で育った義兄弟が、ゆっくり時間をかけて、自分たちの関係性を見つけていく話。

    えすとえむさん読むと、こういう映画観たいといつも思う。空気感とか、職業の描写とか、しっかりしてて好きです。

  • 兄の気持ちを知りつつも、見て見ぬフリをする弟。
    弟に自分の気持ちを認めさせたい兄。

    藍染工房を舞台に、義兄弟の想いが巡る
    えすとえむ期待の和テイストBL!!

    出口の見えない想いが藍から愛に変わる大人のお話。
    心の動きが緩やかでそんなHな話ではない!(b^ー°)

  • 2012/04/04
    【やや好き】藍色が話の雰囲気にピッタリ合っているのがイイ。 藍染め工房に住む義兄弟:紺太と大青。 兄弟でも他人でも恋人でもない、血よりも濃い藍で繋がっているとは言うけど、結局は二人はどういう関係になって満足したのかよく解らんかった。 心と体をどう一致させたのか?不明なまま終わってしまったのが残念だったのでもう少しオチがつくまで読みたかった。 

全24件中 1 - 10件を表示

やがて、藍になる (マーブルコミックス)のその他の作品

えすとえむの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

やがて、藍になる (マーブルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする