ブサメン男子♂〜イケメン彼氏の作り方〜 (アプレコミックス)

  • ソフトライン 東京漫画社
4.04
  • (85)
  • (64)
  • (49)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 629
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864420334

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電子書籍発信?
    ナニコレ超萌えた!ぽっち乳首エロい。幼なじみ3Pものですが、もうどんな話でもいい、やおいでもいい、これからも描き続けてください。

  • 続くのかよ!ていう。最後の方に新キャラ登場してページ足りなくない?と思ったら完結しませんでした。
    最初の展開のすっ飛ばしっぷり。吹きました。いきなり好きだ!で即3P雪崩れ込み。あー携帯配信だねーという感じでした。さくさく展開しないと携帯はダメなんでしょうね。話はない。何も考えずに読みたい時用という感じ。ブサイクとまでは言われてないけど標準以下の微妙な主人公がイケメン2人にひたすら溺愛盲愛されるという。
    濡れ場の割合多かったです。ていうかそれがメインというか。でも携帯だからうまいこと隠してたりコマ外だったりで、その辺の工夫というか躱し方に感心しました(笑)苦心したんだろうなーと。隠せないとこは白抜きとかでした。
    絵は好みではないですけど、とても丁寧だと思います。
    話はないし携帯だから判りやすさ第一でわざとなのか、仕方ないのか判りませんが、情緒のなさが非常に気になりました。全部台詞で言っちゃう言葉にしちゃうのかというのが。余韻とか余白が一切ない。そして要所要所で台詞にしすぎて寒かったです。

  • 絵が好み。
    表紙よりきれいです。
    イケメンがイケメンなのです。

  • 崩れなくてこなれた絵がとっても綺麗なのですが、お話がないので残念。
    せめて、イケメン達がブサメン幼なじみに執着する理由を掘り下げてほしかった。
    チラッと言ってはいるのですが…

  • ネット上での広告でこの作品を知り、単行本化するということで購入してみました。
    試し読みして、エロ多めだなと感じたのと、なにより3Pということでめちゃ楽しみにしていました。

    隼人と龍二、あゆむは幼馴染。
    高校生になり、隼人と龍二はイケメンになり噂で付き合っていると聞いた。
    しかし実際2人はあゆむのことが昔から好きで、抜け駆けしない協定を組んでいた。
    あゆむも2人のことが好きだったので、やることは1つ!ということで性行為に。
    途中で腐女子が3人を邪魔したり、あゆむが他校の先輩に狙われたりしています。

    絵柄も綺麗で読みやすかったです!そしてエロたくさんでした(^O^)!

  • とにかく合わない。面白く感じれない。というだけ。

  • 地味でチビなあゆむは、見た目も中身も完璧な超イケメン幼なじみ隼人や龍二との関係が最近気になりだす。
    仲の良い女友達・仁科に聞いてみたところ、なんと龍二と隼人が付き合っているらしいとの噂が…。
    ショックを隠しきれないあゆむだが意外な真実が明らかに…!?
    キュートなブサメン男子の切ない恋の行方とは…!!
    3人の中学時代や後日談などの描き下ろしも大量収録!

  • ケータイでは試し読みしかしてないから書籍化は嬉しいっす。
    でも読んでみたらちょっと残念かも~。もうちょっとなんというか……軽く読めちゃったのでその辺りが……ゴニョゴニョ

  • えー?これ続きものだったんだ。しらなかったよー(´・ω・`)ブサメンあゆむんをイケメン幼馴染み2人で共有(?)して3人でいちゃいちゃえろえろ3Pしまくっておったwま、あんまり内容という内容は無いよう(笑)アホエロですなwww笑えるし可愛いし面白かったっす!あたしは嫌いじゃないっす!ただ皆さんが言うように男性向けエロ漫画チックだなぁ〜っと私も思いました(´ε` ) BL(Boys Love)じゃなくてBL(Boys eLo)と思って読むと良いでしょう。

  • ほぼエロ。あゆむに気持ちを打ち明けたとたんに盛ってるイケメンたち。ちょっとした表情が色気があったり、かっこよかったりするから変態っぷりが強調されてるかも。ブサイクなあゆむがちょっとは可愛く見えるくらいには面白い。仁科さんのツッコミがいいね。

全47件中 1 - 10件を表示

野々宮ちよ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ブサメン男子♂〜イケメン彼氏の作り方〜 (アプレコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする