ブロッサム・ピリオド (マーブルコミックス)

著者 :
  • ソフトライン 東京漫画社
3.54
  • (20)
  • (46)
  • (59)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 413
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864420426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 静かにゆっくり話しが進んでゆくせいか、最初なかなか入り込めず。立ち上がり遅し。ここで諦めずに読み進めると、中盤、ヘビーな展開になってくるあたりから一気に引き込まれる。しかし三津谷は結局何をしたいんだろう、したかったんだろうか、最初は何か企んでいる風もあったがそれにしては場当たり的だし、と思いつつ読み進めたけれど、感情に訴えてきて心を揺さぶられる描写も多く細かいところは、まあ、いいかな。

  • なんだろう、なにかしら、ストーリーがストンと心に落ちないのにその不安定さがすごくいい。

  • なんなの!どうしてなの!幸せになってよ、お願いだから(;_q)三津谷くんの本当に欲しいものきっと安倍の中にあるよ…もう三津谷くんが幸せになってくれないと涙がとまらない(TT)ヤンデレって可愛いけど難しいなああぁー救える自信がないもの 

  • みつやくんがかわいい。すごい、かわいい。泣いた。

    唯一の支えがなくなって心が荒んじゃったりして。でもまた救いは現れて。
    うまくいかないことばかりでも、他人と関係することは大切だよなー。淋しさを抱えたみつやくんを包み込むあべ!!
    幸せになるんだろ!知ってる!

  • 三津谷かわいいよ三津谷。
    若さ溢れる攻め阿部×捻くれ泣き虫三津谷の不器用ながらもお互いが大切な二人の話。
    終始にやにや顔が止まらないくらいに萌えた。面白かった。

    ところで、中表紙の二人は誰…?

    (読む前の感想:嶋二さんは比較的好きな作家さんなので購入。期待値★★★)

  • おおぉ…(*p´д`q)゚。
    泣ける…。
    せつな系ラブストーリーやった。

  • 2012/07/08
    【やや好き】あ、青い…そんでもって少しアイタタ…な思春期高校生ラブ。 秘め事的な雰囲気が◎。 阿部×三津谷。 中学一年の時だけ仲良かった二人が高校三年で同じクラスになって再会。 三津谷の不幸体質を気にかけていたつもりの阿部が、実は復讐されてたみたいな…。 普通の子の阿部が、ヤンデレでツンデレの三津谷と隣に並ぶ選択をしたことで、吉と出るか凶と出るかは、まだ先になってみないと解らないという危うい繋がりで終わっているのが気になるが、二人が成長して何だかんだと上手くいくに違いないととりあえず思っておくことにした。

  • ああいいなあ受けの子黒髪だしただの地味男くんかと思いきや性格ひねくれてるしかわいい
    一次創作小説サイトさんとかだとよく見かけるけど、商業BLまんがをよんでいて、ああいう猫被りな子って意外と見かけない気がする
    とても魅力的なのになんでだろう
    だいすきー

  • 結局のところ、圭史は遠典が大好きってことだろうか。

全18件中 1 - 10件を表示

ブロッサム・ピリオド (マーブルコミックス)のその他の作品

嶋二の作品

ブロッサム・ピリオド (マーブルコミックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする