NIGHTS BEFORE NIGHT (マーブルコミックス)

  • 東京漫画社
4.17
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864423373

作品紹介・あらすじ

ナツメカズキ最新作『NIGHTS BEFORE NIGHT』

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『MODS』のスピンオフで、デリヘル「Rain」のオーナーの春が主役です。
    彼は時雨との関係とかシロとの共通点とか、いろいろ抱えてることが多い人で、前作でも妄想が炸裂しっ放しでした。なので、このスピンオフは嬉しかったです。そして読み終わって大満足…下手な感想要らないくらいよかったです。

    前作から1年後という設定ですが、センセのコミックスは2年ぶり~
    時雨との関係性もぐっとくるものがありますが、時雨の異母兄弟で顔は似てるけど粗野で乱暴な雪鷹との関係がどんどん深まっていくのにもたまらないものがありました。
    心情が細やかで丁寧に描かれているから、思わず引き込まれてしまうんですよね…
    そして、登場キャラ全員カッコいいです。ビジュアルも生き方も、893や夜の世界ですら魅せられてしまうものがあります。
    クセの強そうな世界観か?と思わせといて、意外に読みやすいのがセンセの持ち味ですよね。不幸とか試練とかのハードな中にも、優しさが潜んでいるのがいいです。
    折り鶴のエピソードは胸にくるものがありました…

    もちろん、エロ的にもたいへん濃厚で♂×♂の色気がダダ漏れで心底萌えまくりでした!思わずガン見。
    どの絡みも、体位もエロくて最高でした。
    春の色気が強烈です。年上恋人だった時雨との過去の絡みも萌えのかたまりで、年下恋人の雪鷹との濃厚Hも未亡人の貞節が情熱的に奪われる的な興奮すごくて…
    いろいろ、二度おいしい仕上がり!

    話が進むにつれ雪鷹がどんどん男前になっていって、その成長ぶりが眩しかったです。あれほど嫌だった893の世界も春のためなら躊躇ゼロ。そんな激しい愛情を注ぐ雪鷹がいてくれるから、もう未亡人は不眠で苦しむこともなさそうです。どんな困難が待ち受けていても、二人でずっと幸せになれると確信できました。
    ページ数多めの分厚いコミックスだけど、隅々まで面白かったです。特装版買った方が良かったかな?

  • 今作は10年間降り続いて春を過去に封じ込めていた時雨が雪に変わる…ってお話でした。
    まあしかしその雪は熱くて激しいんですけどね。
    前作「MODS」のスピンオフではありますが、スタンドアロンで問題なく楽しめます。
    カバー下に主要キャラの年齢やらキャラクタープロットやらあるのでお見逃しなく。
    実は背中にエグい刺青が入ってるらしい月守さんのスピンオフとか…読みたい…

    特装版のCDナシなバージョンも出して欲しかったな。
    1500円くらいだったら喜んで払ってた。

全2件中 1 - 2件を表示

ナツメカズキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする