響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

制作 : 岩砂 晶子  水木 綾子 
  • ナチュラルスピリット (2013年8月23日発売)
4.09
  • (9)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864510899

作品紹介・あらすじ

アナスタシアと別れた後、ビジネスに失敗、起業家協会立ち上げも頓挫して、自殺寸前だったメグレの前にあらわれた元KGBのホームレス。彼の死を契機に、本を書く決意を固め、一気呵成に原稿を書き上げ自費出版する。その初版が完売した頃、メグレの耳にアナスタシアの声が聞こえるようになる…そしてモスクワで再会したアナスタシアの祖父から、さらに不可思議な話を聞く…本国ロシアでの『アナスタシア』刊行後の反響-アナスタシアとは何者なのか-そして1巻に書かなかったタイガでのエピソードも綴られた、待望のシリーズ第2作!

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロシア版「神との対話」のような、人間の可能性、自然との共生、スピリチュアル、意識、意図...

    いろんなことを感じ、考えさせられる、アナスタシア・シリーズの2巻。

    2巻は、メグレ氏のその後の状況の詳細や、アナスタシアとの会話の記録、アナスタシアの祖父との再会などの現象面と、会話や文章の中で感じられる、アナスタシアの愛の次元空間の意味合い、人類の歴史と過去の事柄、ピラミットやドルメンの謎まで、様々なテーマで展開します。

    他のスピリチュアル本で、慣れていると思っていた自分でも、丁寧に読み進めるには、とても時間がかかりました。

    とても濃い内容で、また時間を置いて、何度でも読み返さなければ...と感じる本です。

    スピリチュアルと、プライドという自尊心ーその大罪。
    この言葉が、今回は、強く印象に残りました。

    授乳の意味と、そのくだりも。

    多くの人に、読まれてほしい本です。

  • 記載内容があまりよく理解できなかった。つまらない。

  • 満ち足りた心を持つ聖者アナスタシアに対し、彼女の能力を金儲けに使おうと考えるウラジミール。一冊目の本が出た後、読者から著者に対して、非難が続出したらしい。また、いろんな団体から独占権譲渡の依頼が来たので、ウラジミールは欲が出ていくつか契約してしまったと反省している。
    二冊目では、アナスタシアの先祖の事、リンギング・シダーの事など更に情報が増えていく。

    ●約一万年前宇宙の知性とのつながりが、弱まり鈍くなっている人間が現れ始めた。世代を重ねるにつれて多くの人工的なものを発明し、自然の仕組みにストレスを与え始めた。
    ●人間が真理の本質に目覚めないまま、ある限界に達したとき。人間の中に現れる闇の原理が臨界点に立ったとき。総体的な自己壊滅を回避するために、地球の大災害は、多くの人間の生命を奪って、有害で人工的な生活システムを破壊する。
    ●今の人々の意識は、技術優先世界のプログラムによって、不自然となり、バイオロボットに似てきている。
    ●リンギング・シダーのリズムと振動は宇宙の知性に近く、人間に失った機能を回復し、叡智を利用する機会を与える。

  • やっと、読了。睡眠不足が酷いのもありますが、読んでいて、禅問答な場面になると、どうしても眠ってしまう^^;

    シリーズ1でアナスタシアと別れ、街に戻ったウラジーミルのその後です。
    出版まで、いろいろとあります。
    ウラジーミルが都会へ戻り、何を失い、何を得ていくか。

    どんどん一言では言えない感じになってきました。私、ついていけるだろうか〜?(汗)

    作中、アナスタシアの祖父がウラジーミルにこう言いました。

    「ほかの人々はまたちがった何かを見るだろう。きみにはきみに与えられたものが与えられた。きみの意識には、そのほかの何も受け入れる準備ができていないし、それはそれでいいことなんだ。できるなら、ただ単純に、夜明けの美しさを鑑賞するようにしてごらん。それが何より大切なことだ」

    ということで、わからないはわからないままに、読んでおくことにしまーす♪( ´θ`)ノ
    下手に考えたり感化されても、何かの罠に嵌るってことらしいですのでw


    この巻の最後にロシアにあるドルメンというお墓が出てきます。即身仏みたいな人々が埋葬されたお墓のようです。
    なんか、「ムー」だっけ?ああいう雑誌を読んでる気分になったり、しなかったりww

  • とても良かった。色々な事に、感謝です。続きがとても楽しみです。

全5件中 1 - 5件を表示

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)のその他の作品

ウラジーミル・メグレの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ロンダ・バーン
レイチェル・L....
村上 春樹
ペニー・ピアース
ヴィクトール・E...
エンリケ・バリオ...
パラマハンサ・ヨ...
有効な右矢印 無効な右矢印

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)はこんな本です

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする