傲慢王とシンデレラ姫 ~愛の運命に結ばれて~ (ロイヤルキス文庫)

著者 :
制作 : えとう綺羅 
  • ジュリアンパブリッシング
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864570497

作品紹介・あらすじ

虐げられ、過酷な毎日を過ごしていた元王女・レイラ。彼女が不思議な旅人と出会った半年後、王国は破滅した。敵王に要求され、レイラは現王女のかわりに花嫁となる。しかし、城に現れたのはあの日の旅人――いや、悪魔だと評判のウィルフレッド王だった。偽りのまま処女を捧げ、身体を暴かれる快感に震えるレイラ。敵に心を奪われてはならない、けれど助けてくれた旅人の面影を忘れる事もできない。快楽だけが宿命を忘れさせてくれるが、彼の本当の心は一体――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元は王女様だったのに、父王が突然亡くなり、男兄弟がいなかったために父王の従兄弟が王位を継ぎ、下働きに落とされてしまったレイラ。

    レイラの時に偶然出会っていたウィルフレッドの元に、王女の身代わりとして嫁ぐ事になりましたけど、噂と違っていい子のレイラにだんだん惹かれるウィルフレッド。

    王道の展開ではありますけど、レイラが本当のことをウィルフレッドに伝えられないという葛藤とか、切なくて久しぶりにいいお話でした。

    残念なのはイラストかなぁ。ダメということではないんですけど、好みじゃなかったです。

  • 父である国王が亡くなった事で下働きの身分に落とされた元王女のヒロインが、現王女の身代わりとして敵国の王であるヒーローの愛妾となり、紆余曲折を経て両想いになるお話です。
    基本設定はシンデレラですが、冒頭で互いの素姓を知らずに出会っているエピソードが少女小説の展開で良かったです。(*^^*)

    読みながら、病弱な母親の為に健気に振る舞うヒロインの姿に何度も目頭が熱くなり、頁を繰る手が止まりました…(泣)!TLを読んで泣いたのは初めてです(笑)。
    ラストも「そして、王子様とお姫様はいつ迄も幸せに暮らしました。めでたし、めでたし。」のハッピーエンドで幸せな気持ちで読み終える事が出来ました。

    一つ気になったのは、国外に追放された現国王一家の行方です。
    うやむやの方が良いのかもしれませんが、自分はけじめとしてきっちりその後の行方を知りたかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

福岡在住。水瓶座。O型。1996年にBLでデビュー。著書は『誘惑されたアイスドール』『過保護なフィアンセ』(エタニティブックス)など210冊以上。恋愛小説の他に、BLやキャラ小説、少女向けライトノベルを執筆している。

「2018年 『押しかけメイドの恋人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

傲慢王とシンデレラ姫 ~愛の運命に結ばれて~ (ロイヤルキス文庫)のその他の作品

水島忍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

傲慢王とシンデレラ姫 ~愛の運命に結ばれて~ (ロイヤルキス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする