タイガの帝王アムールトラを追う

著者 :
  • 東洋書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864591171

作品紹介・あらすじ

世界最大のトラに写真家とハンターが迫る。百年の時空を超えて描き出される、トラと人間の争いと共存のドラマ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆シベリアに行ってみたい
    (類)『極北シベリア』
    (参考文献)ウスリータイガ、ウスリートラを追って、シベリア大自然、シベリア博物誌、南千島探検始末記

  • 前半は、シベリアでアムールトラの撮影に半生を捧げた動物写真家の記録。率直な語り口が好感。
    後半は、19世紀から戦後に生きた、シベリアを開拓したポーランド系ロシア人、ユーリー・ヤンコフスキーによる虎狩りの記録を、著者が翻訳したものである。著者が指摘するように、この時代はトラ狩りが社会的に認知されていたため、現代の観点から闇雲にヤンコフスキーの行いを批難することはできないだろう。ロシアには狩猟学部という学問分野があるそうで、そのことも狩猟が単なる「野蛮な行為」ではないことを教えてくれる。
    狩人や写真家だからこそ見えてくる、アムールトラとアムールヒョウの生態で、まるで自分も凍てつくシベリアの森で雪の中で馬を駆けながら、トラを追っているような気分になってくる。ヤンコフスキーのトラを追う記録は、シートン動物記を読んでいるような楽しさがある。

全2件中 1 - 2件を表示

福田俊司の作品

タイガの帝王アムールトラを追うを本棚に登録しているひと

ツイートする