メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む

制作 : 富松 保文 
  • 武蔵野美術大学出版局
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864630207

作品紹介・あらすじ

デカルト的思考様式への批判とセザンヌを中心とする近代絵画の考察。
セザンヌの「眼」とデカルトの「精神」を解く

「わからない」と嘆く学生のために「僕が訳そう!」とムサビで哲学を担当する富松先生の『眼と精神』新訳奮闘が始まる。まえがき「近代とは」「M. ポンティの生きた時代」「意識と自然」「主観と客観(ココロとモノ)」「形而上学」「住むこと」を一読すれば、複雑な構造が理解できる。脚注と補注、原著収録図版7点に読解を助ける参考図版14点を加えた新訳美大版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「…それ(水)はプールに住んでいて、そこで物質化しているのであって、それはプールに含まれているのではなく、もしも糸杉の遮蔽林の方に眼を上げて、そこに水面からの反射が網の目をつくっているのを見るならば、光がその遮蔽林のところにも訪れに行っていること、あるいは少なくとも、そこに水の活動的で生き生きとした本質を送り届けていることを私は疑うことができないだろう。」
    絵画によって現れる存在を記述するメルロ=ポンティの身振りもまた、ある風景を呼び起こし、世界を立ち上げていて感動的な内容で、これはその新たな訳書とのことで手に取りましたが、詳細な注釈は決してうるさくなく、余白も多いため書き込みを考慮されているのかと、教育的配慮がありがたい一冊です。

    内容に関しては門外漢ではありますが、巷に蔓延る絵画への解釈として、「絵を見ながら、自分の内面を見ている」的な言動に違和を感じていたため、そこを指摘しているだけでも意義は大きいのではないでしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1908年3月14日、フランス西部シャラント・マリティーム県のロシュフォール・シュル・メールに生まれる。リヨン大学講師からパリ大学教授を経て、1952年にコレージュ・ド・フランス教授に就任。フランスのアカデミズムの王道を進んだが、1961年5月3日、パリのサン・ミシェル通りの自宅自室にて心臓発作で急逝。享年53歳。計画中の著作の構想メモなどが残された。

「2017年 『メルロ=ポンティ哲学者事典 第一巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーリス・メルロ=ポンティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・メルロ...
田中正人
村上 隆
又吉 直樹
モーリス・メルロ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする