表現者のための憲法入門

著者 :
  • 武蔵野美術大学出版局
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864630283

作品紹介・あらすじ

憲法は、困難に出合った人々が先々の社会に向けて残した重要な英知である。「表現の自由とは?」という問いをはじめに、保障される内容と国家の仕組みを憲法の条文にもとづき、豊富な事例で学ぶ入門書。各章にジャーナリスト豊田直巳の写真を配し、国際社会のなかでの日本を強く意識し、いま表現者として憲法の扉を叩く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】 323.14||S
    【資料ID】91150925

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

志田 陽子
武蔵野美術大学 造形学部 教授、博士(法学)
1961年生。2000年、早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程を単位取得退学。2000年より武蔵野美術大学造形学部に着任(法学)。早稲田大学法学部・商学部非常勤講師。
専門 憲法、芸術法。大学では、人権論を中心とした憲法の講義を行うと同時に、「表現の自由」や著作権法などを中心とした、表現活動にかかわる法の問題を扱っている。また、映画や音楽を通して法の問題や歴史を解説する授業・講座を行っている。
単著『文化戦争と憲法理論――アイデンティティの相剋と模索』(法律文化社、2006年、2007年博士号取得論文)、『表現者のための憲法入門』(武蔵野美術大学出版局、2015年)。
編著『映画で学ぶ憲法』(法律文化社、2014年)、『合格水準 教職のための憲法』(法律文化社、2017年)。

志田陽子の作品

ツイートする