アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス)

制作 : 手塚 眞  手塚プロダクション 
  • 小学館クリエイティブ
4.08
  • (21)
  • (29)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 227
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864684170

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本。それから5年後、復興が進む日本のとある大学に、ロボット開発にすべてを懸ける2人の若き研究者の姿があった──。“ゆうきまさみ”דカサハラテツロー”という、ロボット漫画を描き続けてきた2人が新解釈で描く、永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語がいよいよ開幕!!(Amazon紹介より)

  • 正直に言うとアトムは読んだことが無いし、手塚治虫作品自体にも全く触れたことが無い、そんな僕ですが、この作品は凄く楽しめました。鉄腕アトムの前日譚という事ですがとても面白い、アクションシーンも迫力があるし、何よりも読んでいてワクワクする。少年心をとてもくすぐられました。

  • 若い博士たちがかわいくて仕方なく、今後の原作につながるなら訪れるのだろう展開がすでに悲しくなってくるくらいかわいい。

  • まだ序盤なソフトSF。作者のライドバック好きだったので。さらにゆうきまさみ+手塚治虫というコラボ。書籍不況の中で小学館クリエイティブだけは出版界の中でアグレッシブに攻めてすごいのをドンドン書籍化している印象。

  • おー!
    血はないけど涙のあるロボットに血沸き肉踊りますね。
    これからが楽しみ。
    生きた機械の闘いのせいか、何処と無くレビウスを思い出しました。

  • 伴さんの動きだ…!見た目はピチピチでも伴さんだ……!

  • 練馬大学ロボット工学科修士第7研究室の研究生であるお茶の水博志と天馬午太郎が作ったA106(エーテンシックス)は、ちょっとRobi似のロボット。ベヴストザイン・システムという自立型人工知能を搭載し、自我、すなわち「こころ」を持った心やさしき科学の子です。自ら判断し、人命を守るべく行動する姿は、まさに鉄腕アトムそのもの。アトムのリスペクト作品としては、浦沢直樹の「PLUTO」がありますが、これはそれに勝るとも劣らない作品となりそうです。5年前に起きたという大災害も謎に満ちていて、ワクワク感が止まりません!

  • がっつりロボなデザインなのに、あったかい線画。…所で、ウマタローって、誰だ?って言うか、よく考えたら、オリジナルのアトム、漫画読んだこともアニメ見たこともないや。なのに知ってる気がする手塚氏漫画は神話並。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス)のその他の作品

手塚治虫の作品

アトム ザ・ビギニング(1) (ヒーローズコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする