仮面ライダークウガ (10) (ヒーローズコミックス)

  • ヒーローズ
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864686020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに、漫画版『仮面ライダークウガ』も一つ目の大台に到達です
    最初から、ファンのハートをしっかりと掴んだ上、全力で揺さぶってくれている漫画ですから、到達それ自体は驚きません
    けど、他の「本物」の漫画と同じく、心から嬉しいです
    私個人の感覚ですが、この(10)は桁違いです
    これまでも、テレビ本編とは違った面白さがありましたが、更に突き抜けた感があります、この(10)は
    仮面ライダーWを主役にした、テレビ本編の「その後」が描かれている『風都探偵』と同じく、良い意味で、実写化が遠ざかっている気がします
    残念と言えば残念ですが、漫画でしか、漫画だからこそ、味わえる良さが濃くなっていくのなら大歓迎です
    仮面ライダークウガこと五代雄介が、様々な戦いと出逢い、別れを経て、人間としても、戦士としても、成長していく一方で、仮面ライダーアギトこと津上翔一は、元来の強くはない心が、度重なる残酷な現実でダメージを負っていき、その上、駿河の誘導で、ますます、人間性が歪んでいき、戻れない所まで沈んでいますね
    もう、クウガとアギトが共闘するのは難しい、いえ、無理でしょう
    そういう意味では、五代雄介と津上翔一が、本気で戦う日が来てしまう可能性は大いにあります
    ファンとして、それを楽しみにすべきなのか、来ないでくれ、と願うべきなのか、迷うとこです
    また、グロンギを狩るアギトの軍団も登場し、ますます、ストーリーは過激になっていきます
    これから、様々な出来事が、五代雄介、仮面ライダークウガの正義を問うてくるでしょうが、彼なら、きっと、笑顔で乗り越えてくれるはず
    この(10)で、あえて、一番の回を決定するのであれば、私はEPISODE:43「共闘」に一票を投じます
    テレビ本編に登場した、グロンギ怪人の中でも、間違いなく、人気が高いであろう、ゴ・バダー・バとのバイクレース&激闘、テレビ本編ではありえなかったクウガとガリマの共闘、なおかつ、雄介とガリマの恋物語、そして、希望が摘み取られるショッキングすぎるラスト
    冗談抜きで、他の回が霞みかねないほどの濃厚さです
    この台詞を引用に選んだのは、愛だなぁ、と感じたので
    死ぬかも知れない、そんな死地に向かうからこそ、愛が恐怖を晴らし、悪に立ち向う勇気を支えてくれるんでしょうねェ
    「心配してくれるのか?それとも―――戦う私の姿を見たくないのか?」
    「!」
    「―――いや、見てくれ。お前には、見て欲しい、私の全てを」
    「なら・・・・・・俺も戦います!サチさんと一緒に!」
    「そうか。それも・・・・・・悪くないな―――好きな男と、共に戦う、というのも」(byガリマ、雄介)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1938~98年。2018年、生誕80周年記念で話題を呼んだ、日本漫画界のレジェンド的巨匠。『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』『ジュン』ほか代表作多数。

「2019年 『仮面ライダーV3/X 1973-74 [完全版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石ノ森章太郎の作品

ツイートする